無料ブログはココログ

将棋関連ニュース

奈良岡実さん感謝状授与

11月16日、東京将棋会館にて将棋の普及振興に功績を印された方へ
日本将棋連盟より感謝状の贈呈が行われました。
本県からは青森県支部連合会幹事長の奈良岡実さんが授与されました。
おそらくこれまで青森県からは10人も贈呈されていないのではないでしょうか。
おめでとうございます!

日本将棋連盟HP

 

令和5年度八戸支部総会  案内 

日時  令和5年4月2日(日) 

     09:30 受付
     10:00 総会
     10:30 終了

会場  八戸市スポーツ研修センター2F
    八戸市売市輿遊下3

案件  役員選任について
    令和4年度決算について
    令和5年度予算について

その他 総会後は長者場所将棋大会を行います。
    支部会員以外でも将棋大会のみの参加、総会の傍聴もOKです。   
    新規での支部会員も募集しております。電話・メール等で幹事までご連絡ください。
    来年度も100人支部を目指しますので、よろしくお願いします。
    支部会費は5000円(学生3000円)です。

申込み 出席の場合は申し込み願います。
    問合せ先まで。氏名と市町村をお知らせください。
    締切り 3月28日(火)まで

問合せ 八戸支部メール 8noheshogi@gmail.com
    電話 050-5327-7245

 

小山怜央さんプロ棋士編入試験合格!

歴史的な一日となりました。
小山怜央アマが横山友紀四段に勝ち通算3勝1敗として、
プロ棋士編入試験に合格しました。
誠におめでとうございます!!
岩手県からは初のプロ棋士誕生となります。
小山さんは釜石から本県の大会にも度々参加しており、
実際に対局したことがある人も多いと思います。
それだけにこの試験を多くの人が応援していたと思います。
東北六県大会では圧倒的な成績を残してきました。
それから社会人になってからもさらに強くなった印象です。
これからプロの舞台で活躍されることを楽しみにしたいと思います。

掲示板のリンクについて

掲示板が新しくなりましたが、グーグル等で検索しても見つけにくいです。
当ブログからはリンクを更新したので、PCからは見に行くことができます。
ただ、スマホからはリンクが見れないように思います。
念のため、こちらにリンクを貼っておきます。

新・青森将棋界の掲示板

 

 

令和4年度第1期八戸こども将棋教室 案内

日時 令和4年5月14日(土)から9月24日(土)まで
   毎週土曜日 14時から16時
場所 八食センター厨ホール


八戸こども将棋教室HP

 

今日から八戸こども将棋教室が始まります。
お気軽にご参加ください。
大人の将棋教室もございます。


木村孝太郎君 第7回東奥文化選奨決定

木村孝太郎君が第7回東奥文化選奨に決定しました。
おめでとうございます!
これまでの将棋での活躍が認められてのことだと思います。
まだまだ若いのでさらなる活躍を期待したいと思います。


2013年 J:COM杯3月のライオン子ども将棋大会 中学生部門優勝
2014年 全国中学生選抜将棋選手権大会優勝
2018年 銀河戦本戦トーナメントでプロ棋士に4連勝。
2021年 棋書「早指しのコツ」出版
2021年 学生王座戦(立命館大学)優勝

 

ABAにて将棋関連放送があります

青森朝日放送
10月8日(金)23時10分~0時10分
ABA開局30周年生放送にて
長谷一葉さんが出演した「夢はここから」の時の映像と
渡辺明三冠が当時のことを振り返るコメントが
放送予定だそうです。
時間がありましたら、ご覧ください。

 

早指しのコツ ~秒読みで負けない感覚と技術~ 発売

木村孝太郎さんの著書が発売になりました。
大学生での出版は珍しいと思います。
青森支部道場にも在庫があるようですので、
興味のある方はお買い求めください。
私はサイン入りを予約済みです。

amazon

 

鮫場所 忘れ物

鮫場所将棋大会で上着を忘れた方がいます。
心当たりのある方は連絡ださい。

八戸支部
   メール  8noheshogi☆gmail.com ☆→@
   電話 050-5327-7245

 

21030799

中戸俊洋さんアマ九段授与

発表から掲載まで日数が経ってしまい申し訳ありません。

中戸俊洋さんがアマ九段を授与されることになりました。
誠におめでとうございます。
長年の功績が認められての授与であり、アマ九段は全国で二人目の快挙です。
私としては旧大山将棋記念館で全国から強豪が集まって開催されていた
アマ王将北東北大会が懐かしいです。
中戸さんの功績は大山将棋記念館のHPにあるおいらせ町の将棋の歴史と
ほぼイコールですので、御覧ください。

より以前の記事一覧