無料ブログはココログ

全国大会・県外の大会

高校選手権全国大会 結果

令和3年7月31日ー8月1日 和歌山県

男子個人 石田翔唯(聖愛高校2年) 予選○●●●
     川村塁(青森東高校2年) 予選○●●○

女子個人 中村叶愛(八工大一3年) 予選○○●○ 決勝T○● ベスト16
     鹿内風希(青森東高校1年) 予選●●●●

男子団体 八戸北高校(尾崎旭3年、遠山寿弥3年、久保田哉人3年)
      予選●○○●

女子団体 不参加

 中村さんが見事予選を突破し、ベスト16の結果を残しました。
県大会から全国大会までいろいろと制約の多い中で選手も運営側も
大変だったと思います。皆様お疲れさまでした。

続きを読む "高校選手権全国大会 結果" »

中学生選抜全国大会 結果

令和3年8月3-4日  天童市

男子 工藤馨  予選●○●
   村松優真 予選○●●

女子 工藤知里 予選○○  決勝T●
   長谷一葉 予選○●●



東北六県大会 結果 青森県優勝!

令和3年7月3・4日 岩手県紫波町 紫波グリーンホテル


優勝 青森県 4 10
二位 宮城県 4 09
三位 福島県 3 09
四位 山形県 3 08
五位 岩手県 1 04
六位 秋田県 0 05

大将 船橋隆一 3勝2敗 二位
副将 成田豊文 2勝3敗
先鋒 中川滉生 5勝0敗 優勝


 初日は岩手県と秋田県に連勝し絶好の出だしでした。
二日目の初戦で宮城県との全勝対決で敗れ、一歩後退しました。
4回戦の山形県に勝利し優勝争いにとどまりました。
最後は青森・宮城・福島が3勝で並ぶ三つ巴の際どい勝負となりました。
青森県は福島県に勝利し、宮城県が2勝どまりのため、青森県の優勝となりました。

先鋒の中川五段が5戦全勝と大活躍でした。
大将の船橋五段は勝負どころの山形・福島戦で見事な勝利をあげました。
成田四段の2勝がなければ優勝には届きませんでした。

4勝10点は一昨年と同じで成績でしたが、今年は星がうまく噛み合いました。
選手の皆さんお疲れさまでした。おめでとうございます!

21070301

21070302

 

東北六県大会 出場選手

 東北六県大会の出場選手が出揃いました。
山形県連HPに掲載されています。


青森県
 大将 船橋隆一五段 6回目
 副将 成田豊文四段 3回目
 先鋒 中川滉生五段 5回目


 今年はビックネームが不在で、予想が難しいです。
どの県にもチャンスがあると思いますし、当然本県にも
優勝のチャンスがあると思います。
 一昨年の本県は個人10勝を上げながら星が噛み合わず惜しくも準優勝でした。
その時と同じメンバーが二人出場しますので、借りを返してほしいと思います。

朝日アマ名人戦 三番勝負 結果

令和3年6月5・6日 東京都 日本棋院


 横山大樹朝日アマ名人 ●○○ ー ○●● 山岸亮平挑戦者


 朝日アマ名人戦三番勝負が行われ、挑戦者の山岸君は善戦しましたが、
あと一歩届きませんでした。第3局はいい局面もあっただけに残念でした。
 朝日オープンのプロ・アマ戦にも出場すると思いますので、そちらでも
頑張ってほしいと思います。

中学生女子将棋名人戦 北海道・東北ブロック大会 結果

令和3年6月6日(日) 将棋クエスト(オンライン)

優勝 工藤知里(青森市・中3) = 全国大会出場
二位 林 仁子(青森市・中3)

LPSA HP

工藤さんが見事優勝し、全国大会出場を決めました。
おめでとうございます。
全国大会は10月に東京都で行われます。

東地区支部名人戦 結果

令和3年4月17・18日 東京都


工藤俊介(青森県・青森支部) 1不戦勝2敗 予選敗退


工藤さんは残念ながら予選敗退でした。お疲れさまでした。
なお、優勝は小山怜央さんでした。相変わらず強いですね。

朝日アマ名人戦 山岸亮平君 優勝!!

令和3年3月13・14日 東京都 チサンホテル浜松町

山岸亮平(富士・静岡県)  優勝!
木村孝太郎(関西・滋賀県) 1回戦敗退
船橋隆一(北東北・青森県) 1回戦敗退


 山岸亮平君が見事優勝しました!おめでとうございます!
6月に横山大樹朝日アマ名人と三番勝負を行います。
決勝の様子はYouTubeでご覧いただけます。


朝日新聞将棋取材班
朝日アマ名人YouTube

高校新人戦全国大会 中止

1月末に予定されていた高校新人戦全国大会は中止となりました。
開催県の兵庫県に緊急事態宣言が出されたこともあり、致し方ありません。
本年度は高校選手権や高校竜王戦に続き新人戦も中止になってしまいました。
選手の皆さんには大変残念なお知らせとなってしまいました。

学生王座戦 結果

令和2年12月25-27日 四日市市


優勝 東京大学  8勝0敗 45点
二位 立命館大学 7勝1敗 48点
三位 早稲田大学 5勝3敗 37点 
四位 京都大学  5勝3敗 31点
五位 東北大学  4勝4敗 31点
六位 名古屋大学 4勝4敗 25点
七位 金沢大学  2勝6敗 15点
八位 岡山大学  1勝7敗 11点
九位 福岡大学  0勝8敗 09点
欠場 北海学園


 久々に出場権を得た北海学園大学が欠場となったのは本当に残念だったと思います。
 立命館大学は7回戦で東京大学との全勝対決で惜しくも3-4で敗れ、優勝なりませんでした。
結果的に勝数では上回っていただけに残念です。木村孝太郎五段は立命館のエースとして見事な活躍(7勝1敗ぐらい?)でしたが、
チームとしては優勝にあと一歩届きませんでした。お疲れさまでした。

 本大会前に文春オンラインにて東大将棋部物語が掲載されました。大会は終わっていまいましたけど
読み応えがありますので、御覧ください。東大将棋部と同様に立命館にも様々なドラマがあると思うで、
そちらも取り上げてもらえたらなと思います。

より以前の記事一覧