全国大会・県外の大会

中学生名人 水谷君準優勝!

令和元年7月14・15日 東京都

優勝 松本 望(山形県)
二位 水谷隼也(青森県)

本大会は都道府県予選がなく、東京での一発開催ということもあり
本県ではあまり馴染みのない大会ではありますが、
中学生名人のタイトル目指して多くの強豪が参加する大会です。
その中で、水谷君が見事準優勝!!
本県勢では最高成績ではないかと思います。

優勝は山形県の松本望さん。こちらも快挙です。
山形の中学生は一人だけじゃなく強いです。昨年の中学選抜、東北六県ジュニアなど
好成績を収めています。


7月19日現在まだ将棋連盟HPに結果が掲載されてません。
なお昨年は大会翌日には掲載されておりました。
こういう大きな大会は早めに結果を知らせてほしいと思います。

山形県連HPに詳細な結果がアップされています。

 

 

東北六県大会 二日目

令和元年7月7日(日) 福島市 福島民報社

3回戦
 青森県 ●○○2-1○●● 秋田県
 岩手県 ○●○2-1●○● 宮城県
 山形県 ○○●2-1●●○ 福島県

 青森県は秋田県に勝って片目が開きました。2連勝対決は山形県が勝って3連勝で抜け出しました。

4回戦
 
青森県 ○○○3ー0●●● 山形県
 岩手県 ○○○3ー0●●● 秋田県
 宮城県 ●○○2ー1○●● 福島県

 青森県は全勝の山形県に土をつけて優勝争いは混沌としてきました。岩手・山形・福島が3勝で並んでいます。

5回戦
 青森県 ○○○3ー0●●● 福島県
 岩手県 ●●●0ー3○○○ 山形県
 秋田県 ●○○2ー1○●● 宮城県

 山形県が岩手県との直接対決を制し優勝を決めました。おめでとうございます。青森県は怒涛のまくりで準優勝まで追い上げました。小泉さんはさすがの5連勝で先鋒優勝。チームとしても勝数10は十分に優勝を狙えるもので力のあるところを見せたと思います。それだけに結果論になりますが、初日の4敗のうち1つでも勝っていればと思います。
 優勝した山形県は全員が勝ち越し。4勝をあげた山寺さんがMVPでしょうか。早々と青森県の優勝の目は消えてしまいましたが、それでも波乱の展開で面白い大会ではなかったかと思います。選手の皆さんは県を背負っての戦いに心身ともに消耗したと思います。最後まで戦い抜いた選手の皆さんに大きな拍手を送りたいと思います。お疲れ様でした。


19070605

 

東北六県大会 一日目

令和元年7月6日(土) 福島市 福島民報社

青森県 大将:船橋隆一五段、副将:中川滉生五段、先鋒:小泉祐五段
 
1回戦
 青森県 ●●○1ー2○○● 岩手県
 秋田県 ○●●1ー2●○○ 福島県
 宮城県 ●●●0ー3○○○ 山形県
 
 青森県は手痛い敗戦。副将勝負かと思っておりましたが、そこを落としてしまいました。まだまだ挽回のチャンスはあると思いますので、切り替えて2回戦に臨んでもらいたいと思います。
 
2回戦
 青森県 ●●○1ー2○○● 宮城県
 岩手県 ○●●1ー2●○○ 福島県
 秋田県 ○●●1ー2●○○ 山形県

 青森県は1日目連敗でのスタートとなりました。厳しい結果となりましたが、明日は切り替えて少しでも上を目指してほしいと思います。 


東北六県大会 明日から開催

日時 令和元年7月6日(土) 14時 1-2回戦
   令和元年7月7日(日) 08時   3-5回戦

会場 福島市 福島民報社3F
 
審判長   島 朗九段
副審判長  飯塚祐樹七段 鈴木環那女流二段
 
    大将    副将    先鋒    監督
青森県 船橋隆一  中川滉生  小泉 祐  奈良岡実
岩手県 岩泉 毅  仁多見遊心 楠本一斗  盾石 拓
秋田県 佐藤弘康  杜 碩   成田公哉  山崎将明
宮城県 丸山愛太  小野史瑠  星宮 謙  和田信也
山形県 本間瑞生  山寺清志  原田寛明  花輪正明
福島県 渡辺久記  小野内一八 尾形裕斗  根来正浩

 青森県は昨年優勝、連覇がかかります。小泉さんを中心に勝ち星を積み上げていってほしいと思います。
有力チームとしては先日アマ竜王のタイトルを獲得した小野内さん擁する福島県でしょうか。昨年準優勝であり、地元優勝に向けて気合が入っていると思います。
 岩手県と宮城県は初出場の学生がそれぞれ2名おります。こことの対戦が未知数で予想が難しいです。
 先鋒は小泉さん、副将は小野内さんが本命でしょうか。大将戦が一番接戦になるような気がします。ここでの勝敗がチームの勝敗にも直結してきそうです。
 

190706

続きを読む "東北六県大会 明日から開催" »

アマ竜王戦全国大会 結果

令和元年6月22・23日 天童市

 
小泉祐五段(青森県) ○○-● ベスト16
  
 小泉さんは予選を2連勝通過。決勝1回戦はシード。決勝2回戦で敗れベスト16でした。お疲れ様でした。優勝は福島の小野内一八さん。東北出身・在住者では初の優勝となります。おめでとうございます!準優勝は岩手出身の小山怜央さんでした。
詳細は山形県連HPに掲載されていますので、御覧下さい。

東北六県大会 出場者決定

山形県連HPより

日時 令和元年7月6・7日
会場 福島県
 
 
    大将    副将    先鋒    監督
青森県 船橋隆一  中川滉生  小泉 祐  奈良岡実
岩手県 岩泉 毅  仁多見遊心 楠本一斗  盾石 拓
秋田県 佐藤弘康  杜 碩   成田公哉  山崎将明
宮城県 丸山愛太  小野史瑠  星宮 謙  和田信也
山形県 本間瑞生  山寺清志  原田寛明  花輪正明
福島県 渡辺久記  小野内一八 尾形裕斗  根来正浩



アマ竜王戦全国大会 明日から開催

日時 令和元年6月22・23日
会場 ほほえみの宿 滝の湯 (山形県天童市)
 
選手 小泉祐
 

青森県代表
2003 北畠 悟 予選敗退
2004 田村純也 ベスト28
2005 横山幸男 ベスト28
2006 北畠 悟 ベスト16
2007 北畠 悟 ベスト16
2008 北畠 悟 予選敗退
2009 北畠 悟 ベスト28
2010 三浦 行 予選敗退
2011 大澤啓二 予選敗退
2012 大澤啓二 ベスト28
2013 大澤啓二 ベスト28 
2014 田村純也 ベスト28
2015 伊東恒紀 予選敗退
2016 船橋隆一 ベスト16
2017 小泉 祐 ベスト8
2018 小泉 祐 ベスト16
  

青森県歴代最高成績
1994 長谷川裕 ベスト8 
1996 田村純也 ベスト8
2013 中川慧梧 準優勝(京都)
2017 小泉  祐 ベスト8

県名人戦 初日結果

掲示板より
 
平成31年4月28日(日) 青森支部道場
参加41人 
4人一組の予選後、通過者によるトーナメントと敗者復活戦で8人選抜

【本戦進出者決定戦】左側が勝ち
①旦代 一男五段(青森市)ー川村 豪 二段(つがる市)
②三浦 行 五段(弘前市)ー北畠 悟 五段(つがる市)
③小泉 祐 五段(青森市)ー遠瀬 龍二・四段(三沢市)
④工藤麟太郎四段(青森高2)-田村 純也五段(八戸市)
⑤鈴木 雄貴五段(青森市)ー船橋 隆一・五段(青森市)

【決定戦敗者復活戦】
⑥船橋 隆一・五段(青森市)-北畠 悟五段(つがる市)

【1、2回戦敗者復活戦】
赤⑦小山 千代之介四段(会津大4)-水谷 隼也四段(青森山田中2)
白⑧蛯澤 俊太四段(造道中3)-嘉瀬 松雄五段(青森市)

以上8人が本戦に進みました。本戦は5月6日(月・祝)なので気を付けてください。

続きを読む "県名人戦 初日結果" »

東地区支部大会 結果

平成31年4月20-21日 東京都両国 KFCホール

 

支部名人 蛯沢俊太(青森支部) 予選敗退 0勝2敗 
     田村純也(八戸支部) 予選敗退 0勝2敗 
              中川慧梧(リコー支部) ベスト8

 
シニア名人 奈良岡実(青森支部) 3位!  
      佐藤敏樹(八戸支部) 予選敗退 0勝2敗 
  

支部対抗 城下町弘前支部 予選敗退 1勝2敗
     八戸支部    予選敗退 0勝2敗 


 奈良岡さんが見事3位入賞。準決勝は互角以上の場面もありました。
100人支部が増えたようで、支部名人と対抗戦はこれまでの32人(チーム)から33人となり
トーナメントの山が一つ増えました。増えることはいいことですが、地方のチームにとっては厳しい
時代が続きそうです。そんな中、盛岡支部がベスト4に進み四段位獲得!素晴らしい活躍でした。

 

続きを読む "東地区支部大会 結果" »

東地区支部大会 明日から開催

日時 平成31年4月20-21日
会場 KFCホール(東京都 両国)

選手 支部名人:蛯澤俊太四段(青森支部)
        田村純也五段(八戸支部)
         中川慧梧六段(東京代表)
  
   シニア名人:奈良岡実五段(青森支部)
         佐藤敏樹四段(八戸支部)
  
   支部対抗:城下町弘前支部(葛西正樹三段、工藤一徳二段、櫻庭一樹三段)
        八戸支部(上村明仙三段、杉澤邦広三段、橋本浩人三段)

 

 

続きを読む "東地区支部大会 明日から開催" »

より以前の記事一覧