無料ブログはココログ

« 池田修一杯 結果 | トップページ | 第9回田面木場所将棋大会 案内 »

富士通杯 三日目

平成26年8月10日(日) 東京都 富士通ソリューションスクエア

http://gakurenshogi.web.fc2.com/record/2014/fujitsu2014.html

優勝 京都大学
二位 名城大学
三位 早稲田大学
五位 北海道大学
六位 立命館大学
七位 東北大学

 だいぶ遅くなりましたが、最終結果をアップしておきます。詳しくはリンクを開いていください。

 富士通杯三日目は池田修一杯に参加していたため、ブログの更新はできませんでしたが、結果は逐一チェックしておりました。今年は例年以上に波乱があり面白い大会でした。

 全勝で二日目を終えた京都大学が三日目、一橋・早稲田をやぶり、優勝に大きく前進。最終戦、意地を見せた立命館に敗れたものの、勝ち数で名城を振り切り優勝となりました。
 今回は名城の活躍に驚きましたが、選手個々を見れば、勝ってもおかしくないメンバーが揃っていたようです。一方、立命館はこれまで経験したことのないような敗戦が続きました。1年生が多く、悪い流れを取り戻せなかったのでしょうか。冬の学生王座ではリベンジを果たしてほしいと思います。

 今年は本県勢が多く出場していました。信州から山道君も出場していたようで、合計6名が出場しておりました。
 中川君はさすがの8勝1敗、大澤君が1年生ながら大車輪の活躍で7勝2敗とエース級の活躍で北大の躍進を支えました。また、工藤君と櫻井君もともに2勝をあげ、これからの活躍が楽しみです。

« 池田修一杯 結果 | トップページ | 第9回田面木場所将棋大会 案内 »

全国大会・県外の大会」カテゴリの記事

コメント

学生王座戦の時期が近付いてきました。
九州は福岡大学
中四国は岡山大学
北信越は金沢大学
関東第一代表は東京大学
11月以降は北海道、東北、関西、中部地区と続く。

関東では東大が強かったですね。さすがに立て直してきましたね。
第二代表を早稲田が取れるのか。

中四国は愛媛大学でした。
北海道は北海道大学
東北は東北大学
関東第2代表は早稲田大学

愛媛大学は初めてでしょうかね。

北海道:北海道
東  北:東北
関  東:東京、早稲田
北信越:金沢
中  部:(11月29・30日)
関  西:立命館、(    )
中四国:愛媛
九  州:福岡

愛媛大学は出場したことがあります。
関西第2代表は京都大学。

将棋パイナップルは2007年まで資料あり。
愛媛大学は1971年、72年、78年、81年、83年のようです。

今年の王座戦はどこも有力で面白くなりそうですね。
パイナップルもう一度見直してみます。

名城と名大は3.5-3.5で勝ち点4、勝数差で名城の優勝

富士通杯2位の名城でもぎりぎりだったんですね。
今年も面白くなりそうです。

北海道:北海道
東  北:東北
関  東:東京、早稲田
北信越:金沢
中  部:名城
関  西:立命館、京都
中四国:愛媛
九  州:福岡

さて、王座戦の進行状況がわかりそうな掲示板等は
東大、早稲田、京大、東北大、福岡大か。
やらないのは、北大、名城大、立命館大、・・・
愛媛大は掲示板はあるが、・・・
金沢大はHPが停止しているようだ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 池田修一杯 結果 | トップページ | 第9回田面木場所将棋大会 案内 »