無料ブログはココログ

« 第14回東北地区高等学校将棋新人大会 結果 | トップページ | 第2回東北ジュニア団体戦 中学生の部 結果 »

第2回東北ジュニア団体戦 小学生の部 結果

平成25年12月22日(日) 将棋倶楽部24 大阪道場

優勝 青森県 4勝0敗 11
二位 秋田県 3勝1敗  6
三位 山形県 1勝3敗  5
四位 宮城県 1勝3敗  5
五位 岩手県 1勝3敗  3

大将 工藤麟太郎 3勝1敗 個人2位
副将 生平大悟   4勝0敗 個人優勝
先鋒 佐々木白馬 4勝0敗 個人優勝

 青森県チームの優勝となりました。おめでとうございます!





131222

« 第14回東北地区高等学校将棋新人大会 結果 | トップページ | 第2回東北ジュニア団体戦 中学生の部 結果 »

全国大会・県外の大会」カテゴリの記事

コメント

運営の仕事は具体的にどのようなものをいうのでしょうか。
会場手配、盤駒時計手配、宣伝、昼食・賞品手配、設営、対戦表の作成、対戦組み合わせ、集計、表彰、撤収・・・
これらにかかわる作業量、人員・時間・費用などのデータは
どうなのでしょうか。
運営マニアルはつくられているのでしょうか。

一般の大会の運営についてでしょうか。
私が携わっている70名ほどが参加する大会では主要スタッフ5名+αで運営しています。運営マニュアルといえるほどのものはありませんが、主要スタッフで役割分担があるていど決まっているので、ルーチン業務をこなすといった感じで進めています。ですので、1人ならまだしも2人主要スタッフが恒常的に欠けると齟齬をきたしてしまう恐れはあります。
 できることなら、運営マニュアルを作成・ブラッシュアップしていって、誰でもすぐにスタッフ業務を行えるように組織運営をしていくことが望ましいのでしょう。ただ限られたマンパワー・資機材の中では現状に収斂していくように思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第14回東北地区高等学校将棋新人大会 結果 | トップページ | 第2回東北ジュニア団体戦 中学生の部 結果 »