無料ブログはココログ

« 家族・ペアリレー将棋大会 案内 | トップページ | 第41期四段位獲得戦将棋大会 案内 »

高校将棋選手権 二日目 岩手高校二連覇!

高校将棋選手権の速報は埼玉の掲示板をご覧ください。

大会公式ホームページ

 その速報によりますと、岩手高校が二連覇達成です! おめでとうございます!
今年のメンバーは昨年と同じ小野内・中川・櫻井で、同一メンバーでの連覇達成となります。決勝の藤枝明誠はツートップが強力で、個人戦に出ても優勝候補と言えるメンバーを揃えておりました。そのどちらかを倒さないと岩手高校の優勝はありませんでした。殊勲の星を挙げたのが誰なのかはまだわかりませんが、よく頑張ってくれました。

 また、女子個人では成田さんが初優勝。昨年と同じ決勝になり北村さんに雪辱を果たしました。

 岩手高校は藤枝明誠に3-0での勝利だったようです。出来過ぎの素晴らしい勝利ですね。滉生君が友田君に、櫻井君が阿部君に勝ったようです。準決勝も3-0で、結局は予選で滉生君が1敗したのみで、小野内君と櫻井君は全勝でした。

 今年は隙のないメンバー構成でしたが、飛びぬけて強かったわけではないと思います。確かに全員五段前後の力は持っていますが、2008年の岩泉・慧梧・澤口と比べて、これに勝るということはなかったと思います。そして、藤枝明誠のツートップは勝ったとは言え非常に強力でした。
 今回は、決勝トーナメントで反対の山に強豪がかたまったことも幸いしたようです。それを差し引いても、このような成績を残せたのは昨年優勝した自信が大きかったように思います。

主将中川 副将櫻井 三将小野内

予選1回戦 3-0 甲府西(山梨)
予選2回戦 3-0 東北学院(宮城)
予選3回戦 3-0 札幌北(北海道)
予選4回戦 2-1 幕張総合(千葉) (中川負け) 予選1位通過
本戦1回戦 シード
準々決勝  3-0 東北学院(宮城)
準決勝    3-0 松山中央(愛媛)
決勝     3-0 藤枝明誠(静岡)

 フジテレビのザ・ノンフィクションで取り上げた旧キリン杯よりも本大会を取材してノンフィクション番組にしてもらったほうが、いろいろなドラマがあって面白いと思います。どこかのテレビ局でやってくれませんかね。もしくはせめてニコニコ生放送でお願いします。

岩手高校 団体戦成績
2007 三位        工藤・岩泉  青森高校 準優勝
2008 優勝      澤口・慧梧・岩泉  青森高校 準優勝
2009 準優勝    澤口・慧梧・西田  青森高校 優勝
2010 準優勝    澤口・滉生・西田  慧梧 個人戦優勝
2011 優勝    小野内・滉生・櫻井
2012 優勝    小野内・滉生・櫻井

« 家族・ペアリレー将棋大会 案内 | トップページ | 第41期四段位獲得戦将棋大会 案内 »

全国大会・県外の大会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 家族・ペアリレー将棋大会 案内 | トップページ | 第41期四段位獲得戦将棋大会 案内 »