無料ブログはココログ

« 二・四段位獲得戦 案内(再掲) | トップページ | 佐藤紳哉六段 日曜日の番組に登場 »

東北六県大会 最少勝数での優勝

 今回秋田県が勝ち数9で優勝しました。近年まれにみる接戦となったわけですが、それではこれまでで最も接戦となった大会はいつなのか、これまでで最も勝数の少ない優勝を調べてみました。その結果、第3回大会で宮城県が勝ち数8で優勝しております。8勝7敗で優勝とは奇跡みたいなものです。おそらくこれ以上の接戦はないだろうなと思います。

第3回(昭和34年)

      勝ち点   勝ち数(大将、副将、先鋒)
宮城県 3勝2敗    8(3,2,3) 優勝
福島県 3勝2敗    7(3,1,3) 準優勝
秋田県 3勝2敗    7(0,3,4) 3位
岩手県 2勝3敗    9(5,2,2) 4位
青森県 2勝3敗    8(1,5,2) 5位
山形県 2勝3敗    6(3,2,1) 6位

 勝ち点3での優勝は山形県が2回あります。

「rokken2012.xlsx」をダウンロード

« 二・四段位獲得戦 案内(再掲) | トップページ | 佐藤紳哉六段 日曜日の番組に登場 »

全国大会・県外の大会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 二・四段位獲得戦 案内(再掲) | トップページ | 佐藤紳哉六段 日曜日の番組に登場 »