無料ブログはココログ

« 第34回全国アマ将棋「R」選手権仙台大会 案内 | トップページ | 湊場所 高段者戦 結果 »

大会での級位認定

 これまで本県では、道場や将棋教室をのぞいて、段位に比べ級位はあまり活用されてこなかったように思います。しかしながら、有段者よりも級位者が多いはずであり、もっと級位が活用されてもいいのはないかと思います。
 案としては目新しい考えではありませんが、先月の西弘将棋道場クリスマス大会のように、級位者戦等で、上位入賞者や希望する人に級位を認定してはいかがでしょうか。レベルが上がるたびに認定証をもらえれば、励みになるのではないかと思います。それは学生に限らず社会人にあてはまるのではないかと思います。八戸で行われている囲碁大会のように、10級からスタートして昇級していく仕組みがあれば、理想的だと思います。実際にやってみて全くニーズがないかもしれませんが、それほど経費がかかることでもないので、試してみる価値はあると思います。
 実際にやるとなるといろいろと課題もあるかと思いますが、参加者によろこんでもらえるのであれば、それが一番ではないかと思います。ニーズがあれば、5級位獲得戦などというクラスも面白いように思います。そして、認定状はJTこども将棋大会の参加認定証のような格好いいものであればより喜ばれるのではないかと思います。

« 第34回全国アマ将棋「R」選手権仙台大会 案内 | トップページ | 湊場所 高段者戦 結果 »

大会雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第34回全国アマ将棋「R」選手権仙台大会 案内 | トップページ | 湊場所 高段者戦 結果 »