無料ブログはココログ

« グラチャン ポイント 最終結果 | トップページ | 職団戦 Aクラス 予選結果 »

平成23年県連役員会・総会のお知らせ

期日   平成23年12月3日(土)・4日(日)
      会計・監事・幹事         15:00集合
      理事・顧問・総会参加会員   15:50集合

会場   浅虫 「帰帆荘」  017-752-2017

会費   1万円
      ※県連会費は当日旦代会計までか同封の振り込み用紙で
       納入お願いします

進行   15:00  会計監査・幹事会
      16:00  通常役員会・総会
      17:30  終了予定    
      18:00  忘年会

出席申し込み、欠席連絡11月21日(月)まで
        〒030-0845  青森市緑3-1-2
    ℡017-775-7744  代表幹事  奈良岡 実
┌────────────────────────┐
│ 役員会・総会次第    │
│1.会長あいさつ    │
│2.決算報告・監事報告   │
│3.活動報告    県連行事・行方後援会・将棋まつり │
│4.次年度行事予定   │
│5.その他議題     │
└────────────────────────┴

議題内容
①「県連50周年記念事業原案」の説明
②県連大会、「小学生名人戦」「小・中学団体戦」の参加増目標
③今後の将棋界展望
④その他議案がありましたら、事前に事務局までお伝えください

« グラチャン ポイント 最終結果 | トップページ | 職団戦 Aクラス 予選結果 »

その他」カテゴリの記事

コメント

関東方面では市単位で文化祭将棋大会が年1回は開催される。
数が多いので毎週1回から多い時で3,4回もある。
青森県ではこのような文化祭と命名された各市の大会はありますか。
また、支部の例会とかの情報がのらないでしょうか。
意外と大会とか例会で毎日曜日が埋まってしまう。

 県内の市町村主催の文化祭で将棋大会が開かれるという話は聞いたことがありません。
 大きい支部を除くと支部主催の大会はほとんど行われていないように思います。県外になりますが、久慈支部ぐらいしか思い浮かびません。

昨日は足利市民文化祭将棋大会でした。
賞状は足利市教育委員会教育長、足利文化協会会長、支部長の3者連名でした。
新鮮でした。
パソコンとプリンターを会場に持ち込んで5秒で作成。びっくり!間違っても直ぐに治せる。
試合方法はユニークで、くじで4人のリーグ戦を行い、1位がAクラス、2位がBクラス、
3位がCクラス、4位がDクラス。そのあとは各クラスでトーナメント。66人だったので、
16名プラス2名のトーナメントでした。トーナメント1回戦で負けた人は慰安戦。
少なくとも5回は将棋が指せる。面白い方法だとおもった。
賞品は足利市のブランド品で地域振興も兼ねている。
行政と支部が協力して毎年、大会を行っている。
あとは地元企業2社が将棋大会を告知していました。

 おいらせ町では文化祭ではありませんが、年2回複数のプロ棋士を招いて盛大に将棋大会が開催されており、大変ありがたいことです。そのほか、弘前市や十和田市では市長杯がございました。
 青森県では地方紙3紙の将棋欄に地元アマチュアの棋譜が掲載されています。そこでの大会を中心に年間行事が組まれているので、あまり行政との連携が必要なかったように思われます。そもそも県内には人口10万人以上の市が3市しかありません。
 どの都道府県でもこれまでの経緯や地域性があると思うので、一概にどういう大会が望ましいのかはケースバイケースだと思います。だからと言って現状に甘んじてよいわけではなく、少しずつでも時代に合った大会運営にしていく必要はあるかと思います。
 そういう点では○○市長杯といった冠の大会が増えてもいいのかなと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« グラチャン ポイント 最終結果 | トップページ | 職団戦 Aクラス 予選結果 »