無料ブログはココログ

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

第37回『将棋の日』in盛岡」 案内

日時 平成23年11月12・13日
会場 盛岡市民文化ホール

主なイベント
11月12日(土)
13:00 三世代で楽しむ将棋教室(岩手県内各地)
18:00 プロ棋士との交流レセプション

11月13日(日)
09:00 早指し勝ち抜き戦
10:30 プロ棋士指導対局・サイン会
11:00 米長邦雄氏講演会
13:00 NHK収録イベント
       ①盛岡わんこそばリレー対局
       ②次の一手名人戦

さすが「将棋の日」だけあって超豪華な棋士の方々が出演します。
奮って御参加ください。

岩手日報 社告

「将棋の日.pdf」をダウンロード

Shoginohi01

Shoginohi02


女子アマ王位戦東北大会 結果

平成23年9月24日(土) アウガ

優勝 田村真理子(東京都) = 東北代表
二位 川井彩楓(青森市)
三位 相坂智子(青森市)
三位 木村朋子(青森市) 

平成23年10月の大会予定

10月 2日(日) 北奥羽名人挑戦者決定戦(八戸市 デーリー東北)
10月 2日(日) 北奥羽こども将棋大会(八戸市 デーリー東北)

10月 9日(日) 十和田将棋大会(十和田市 中央公民館)
10月 9日(日) 県下職域団体対抗戦(青森市 アピオあおもり)

10月16日(日) 朝日アマ県予選①(青森市 青森支部道場)

10月23日(日) 東の里将棋大会(八戸市 未定)

10月29日(土) 県高総文祭(三沢市)
10月30日(日) 県高総文祭(三沢市)


全国大会その他
 赤旗名人戦予選は大震災の影響により中止
 10月15日 ねんりんピック(熊本県玉名市) 廣部康夫 鎌田良三 荒関 修一

北奥羽名人戦 挑戦者決定戦

日時 平成23年10月2日(日) 10時から
会場 デーリー東北新聞社
選手 田村純也、三浦  行、和田  聡、伊東恒紀
    中川滉生、永田憲一、工藤光一、佐藤敏樹

第5回北奥羽こども将棋大会 案内(再掲)

日時 平成23年10月2日(日)午後1時開始
会場 デーリー東北新聞社

対象 小中学生のみ。初心者も歓迎します。

クラス 上級(2級以上)
    中級(3級~6級)
    初級(7級以下、初心者)

会費 300円

賞品 各クラス3位まで。全員に参加賞あり。

主催 デーリー東北新聞社
後援 日本将棋連盟八戸支部

上級(3級以上)
2007 櫻井飛嘉  大澤啓二   工藤光一 伊東恒紀
2008 工藤光一  伊東恒紀   奥寺航
2009 伊東恒紀  工藤雄一郎 赤坂直哉 工藤麟太郎
上級(2級以上)
2010 工藤麟太郎 工藤雄一郎 伊東恒紀 向谷地暁


中級(3級~6級) 
2010 小笠原健太 須藤  駿 金田健人 平葭湧紀


初級(4級以下)
2007 川井郁弥 渡辺優太 原  一貴 百目木奎汰
2008 奥寺  翔 畠山拓也 赤坂直哉 大矢規
2009 赤坂晴樹 赤澤海斗 西田祐成
初級(7級以下)
2010 小笠原直希 於本拓也 金澤勇翔 寺沢陽介

北奥羽名人戦予選会 結果

北奥羽名人戦予選会 結果
予選通過者
中川滉生
永田憲一
工藤光一
佐藤敏樹

「kitaouu-yosen2011.pdf」をダウンロード

アマ王将 決勝

左側勝ち
中川慧悟ー千葉成人

中川慧悟君が見事優勝!
アマ竜王準決勝と同じ対戦となりましたが、雪辱をはたしました。おめでとうございます。

準決勝で負けたのは佐伯さんでした。三位決定戦で千葉さんに勝っておりました。失礼しました。

アマ王将 準決勝

左側勝ち
千葉成人ー和田聡
中川慧悟ー北畠悟

アマ王将 準々決勝 結果

アマ王将 準々決勝 結果
左側勝ち
和田聡ー櫻井飛嘉
千葉成人ー庄司弘光
中川慧悟ー成田優
北畠悟ー樋田栄正

アマ王将 決勝トーナメント 二日目

二回戦 左側勝ち

櫻井飛嘉ー茂原正幸
和田聡ー三浦澄男
庄司弘光ー三浦行
千葉成人ー中川滉生

成田優ー大澤啓二
中川慧悟ー小山真央
北畠悟ー旦代一男
樋田栄正ー船橋隆一

アマ王将 予選 結果

アマ王将 予選 結果

3連休中の大会

いよいよ明後日はアマ王将北東北予選がアウガにて開催されます。
三連休の中日ということもあり、遠方から強豪の参加も噂されています。
青森県内では近年まれに見るハイレベルな大会になるのではないでしょうか。

そして、女子アマ王位東北大会も行われます。この地域では初の予選会です。
一般も含めた女子の代表権を賭けた戦いは県内初ですので、どのような大会に
なるのか非常に楽しみです。こちらにも多くの方に参加していただきたいと思います。

どちらの大会も、原則事前申込みとなっておりますので、参加される方は連絡願います。
また、当日参加も可能ですので、申込みを忘れた方も断念せずに御参加ください。
◇連絡先  〒030-0345 青森市緑3-1-2
      青森県将棋連盟 奈良岡実
      ℡・FAX 017-775-7744

日曜日は、北奥羽名人戦の予選会がデーリー東北にて開催されます。
おそらくスイス式5回戦になるかと思います。こちらは午後1時からの
大会ですので、前日の疲れを引きずることなく余裕を持って参加できると思います。
こちらは当日会場にて受付となっております。こちらにも多数の参加をお待ちしております。

JT将棋日本シリーズ東京大会  申込み

 11月20日に行われるJT将棋東京こども大会の申込みが既に開始されております。今年は震災の影響で東北大会が中止になったため、今後東北の子どもが参加しようとすれば、この大会しかないと思います。おそらく人数制限がかかるはずですので、参加を予定している方は早めに申込み願います。

公式ホームページ

第37期北奥羽名人戦予選大会  案内(再掲)

日時 平成23年9月25日(日) 午後1時開始 午後6時終了予定
会場 デーリー東北新聞社

対局 スイス式 5回戦 

会費 千円

※今期は予選から4人を決勝トーナメント戦(敗者復活方式)に選出。
同トーナメントは10月2日(日)午前10時からデーリー東北新聞社で行う。

主催 デーリー東北新聞社
後援 日本将棋連盟八戸支部


シード選手4名
湊場所北奥羽王将 田村純也五段
大館場所衆王    三浦行五段
長者場所高段者   和田聡四段
四段位獲得戦    伊東恒紀四段
田面木場所高段者 田村純也五段(*)


予選通過者
2005 松倉直也 工藤俊介 竹ヶ原雅幸 三浦仁志 矢田均 阿部浩昭
2006 矢田  均 松倉直也 清川仁志 三上勝行 笹原賢二 釼吉尚貴 橋畑真幸
2007 駒沢真己 工藤俊介 中川滉生 荒川要吉
2008 中川滉生 駒沢真己 大澤啓二 三浦  行
2009 飯田  巧 佐藤敏樹 中川滉生 駒沢真己 田村峻大
2010 松倉直也 飯田  巧 和田  聡 駒沢真己 工藤光一

アウガ将棋大会 結果

平成23年9月18日(日) 青森市アウガ
参加者83名


Aクラス(三段以上)
優勝 中川慧梧(立命館大1)
二位 木村孝太郎(三内西小6)
三位 佐々木潤一(青森市)
三位 伊東恒紀(柏崎小5)

Bクラス(初・二段)
優勝 竹村元伸(平川市)
二位 板垣友大(弘前西小3)
三位 工藤雄一郎(八戸高専1)
三位 吉田陽(浪館小5)

Cクラス(無段)
優勝 田中総平(青森市)
二位 杉澤貴順(平川市)
三位 佐々木健(青森市)
三位 三上大輝(弘前市)

Dクラス(3級以下・初心者) 
優勝 千葉康伸(青森市)
二位 梅里爽希(岩手大付小2)
三位 鈴木悠仁(白山台小2)
三位 川内光二(青森市)

レディース(女性)
優勝 梅里彩夢(岩手大付小5)
二位 高森美紀(筒井小4)
三位 森谷日香(堤小4)


予選リーグは1勝通過、2敗失格
決勝はトーナメント方式

11091801


11091802


11091803


11091804


第5回北奥羽こども将棋大会 案内

日時 平成23年10月2日(日)午後1時開始
会場 デーリー東北新聞社

対象 小中学生のみ。初心者も歓迎します。

クラス 上級(2級以上)
    中級(3級~6級)
    初級(7級以下、初心者)

会費 300円

賞品 各クラス3位まで。全員に参加賞あり。

主催 デーリー東北新聞社
後援 日本将棋連盟八戸支部

第3回全国小学生倉敷王将戦 高学年

 先の三段リーグにて一位となり高見泰地新四段が誕生しました。高見四段の名前で思い出すのが、第3回倉敷王将戦です。この回は、中川慧梧君が優勝ということで大変印象深いのですが、改めて上位者の名前を見ますのと、将来性豊かな若手棋士の名前がずらりと載っています。この相手に勝って優勝とは今更ながら凄いレベルで戦っていたのだなと感心しました。

第4回女子アマ王位戦東北大会 案内(再掲)

東北新幹線全線開業記念「第4回女子アマ王位戦東北大会」

・期日  平成23年9月24日(土)12:30受付 13:00開始
・会場  青森市 アウガ5階 研修室
・参加資格  女性
・参加費  1000円 昼食なし

・競技  ①女子アマ王位東北代表決定戦(有段者・希望者)
     ②親睦交流戦(級位者)
     ③女流棋士指導会(初心者・無料)

・賞   ①優勝   1万円相当の海産物 第4回女子アマ王位戦東北代表
     ①準優勝  5千円相当の海産物
     ①3位2名 3千円相当の海産物
     ②優勝   1万円相当の海産物
     ②準優勝  5千円相当の海産物
     ②3位2名 3千円相当の海産物


◇主催   青森県将棋連盟  後援 東奥日報社
◇審判長  青森県将棋連盟代表幹事 奈良岡 実
◇連絡先  〒030-0345 青森市緑3-1-2
      青森県将棋連盟 奈良岡実
      ℡・FAX 017-775-7744

◇申し込み 当日受付も可としますが、なるべく上記まで事前申し込みをお願いします。

第28期全国アマチュア王将位大会 北東北予選会 案内(再掲)

  東北新幹線全線開業記念「アマ王将戦北東北大会」

期日  平成23年9月24日(土)①9:30受付 ②12:30受付
会場  青森市 アウガ5階 研修室

参加資格  在住地・在職地不問

参加費  一般 2000円 中・高1500円 小学生・女性1000円
      昼食つき 午後からの参加者は500円引き

競技  ①青森県選手、希望者は10:00から4人1組の予選 2人通過
     ②県外選手・予選通過者は13:00から決勝トーナメント

賞   優勝   2万円相当の海産物 第28期全国アマ王将位大会代表
     準優勝  1万円相当の海産物
     3位2名 5千円相当の海産物


◇主催   青森県将棋連盟  後援 東奥日報社
◇審判長  青森県将棋連盟代表幹事 奈良岡 実

◇連絡先  〒030-0345 青森市緑3-1-2
       青森県将棋連盟 奈良岡実
       ℡・FAX 017-775-7744

◇申し込み 当日受付も可としますが、なるべく上記まで事前申し込みをお願いします。

 三連休の中日ということもあり、遠征組も増えるものと思われます。多くの人に参加いただいて賑やかな大会になればと思います。

2004 加部康晴 吉澤大樹 横山幸男 吉田正和
2005 竹内俊弘 長岡俊勝 土橋惇朗 渡辺徳之
2006 樋田栄正 土橋惇郎 柳谷翔太 信沢英明
2007 庄司弘光 岩泉  毅 及川直孝 渡辺徳之
2008 中川慧梧 工藤俊介 岩泉  毅 田村純也
2009 浅野翔平 庄司弘光 工藤俊介 田村純也
2010 庄司弘光 小山怜央 浅野大輔 中川慧梧

竜王戦七番勝負第五局 八戸開催!

日本将棋連盟のホームページによりますと、竜王戦七番勝負第五局が八戸パークホテルにて開催されるとのこと。竜王戦は初の県内開催かと思います。大盤解説会もあると思いますので、今からスケジュール調整の上、御参加ください。

日時 平成23年12月1・2日(木・金)
会場 八戸パークホテル
 

第37期北奥羽名人戦予選大会  案内

日時 平成23年9月25日(日) 午後1時開始
会場 デーリー東北新聞社

対局 スイス式 4or5回戦 (参加人数により回戦数を決めます。)

会費 千円

※今期は予選から4人を決勝トーナメント戦(敗者復活方式)に選出。
同トーナメントは10月2日(日)午前10時からデーリー東北新聞社で行う。

主催 デーリー東北新聞社
後援 日本将棋連盟八戸支部


シード選手4名
湊場所北奥羽王将 田村純也五段
大館場所衆王    三浦行五段
長者場所高段者   和田聡四段
四段位獲得戦    伊東恒紀四段
田面木場所高段者 田村純也五段(*)

第13回青森県将棋まつり 案内(再掲)

東北新幹線全線開業記念
【将棋まつり】
日時 平成23年9月18日(日)午前10時から
会場 アウガ5階AV多機能ホール(青森市新町1丁目)
入場料 無料

招待プロ棋士 佐藤秀司七段、飯野健二・七段、渡辺大夢奨励会三段

プログラム プロ棋士に県内タイトル棋士が挑戦
        プロ棋士の多面指しでの指導対局

      平手三番勝負
        飯野健二・七段 - 鈴木雄貴アマ五段(県名人)
        佐藤秀司七段  - 工藤俊介アマ五段(アマ名人京都代表)
        渡辺大夢三段  - 大澤啓二アマ五段(県竜王)
   

【併設将棋大会(アウガ将棋大会)】

参加料 一般・大学生 2,000円
     女性、小・中・高学生 1,000円

競技 Aクラス(三段以上)
    Bクラス(初・二段)
    Cクラス(無段)
    Dクラス(初級)
    レディースクラス
     各クラス総平手、対局時計使用

賞品 各クラス3位まで海の幸
    ベスト8(4人) 協賛社からの賞品

審判長 青森県将棋連盟会長 渡辺三郎六段

申込み 当日会場にて9時30分より受付


【前夜祭】
日時 平成23年9月17日(土) 午後6時
会場 青森国際ホテル2階「春秋の間」(青森市新町1丁目)
会費 10,000円(中・高校生5,000円)
    同伴の小学生以下無料

申込み・問合せ 青森県将棋まつり実行委員会事務局
           (青森市緑3丁目1-2)
          017-775-7744

主催 県将棋連盟、青森テレビ、東奥日報社、行方尚史後援会
後援 (公社)日本将棋連盟、青森県、青森市、青森県教育委員会、青森市教育委員会


杉野杯 結果

掲示板より

平成23年9月11日(日) 青森支部道場
参加者30名

杉野杯 16名

準々決勝
三浦 行⑤(弘前市)ー佐々木 潤一⑤(青森市)
横山 幸男⑤(弘前市)ー川村 匠吾③(木崎野小5)
成田 豊文④(北斗高3)ー相坂 啓太④(青森南中1)
飯田 巧⑤(青森市)ー豊川 直人④(青森市9

準決勝
三浦ー横山   飯田ー成田

決勝
三浦ー飯田

優勝 三浦  行五段(弘前市) =2年連続3回目
二位 飯田  巧五段(青森市)
三位 横山幸男五段(弘前市)
三位 成田豊文四段(北斗高3)

初段位獲得戦 14名

準々決勝(左側が勝ち)
林 正幸(青森市)ー蛯沢 俊太(造道小1)
蛯名 新(野辺地中3)ー伊瀬谷 知大(佃小5)
畑内 祐介(青森高2)ー相坂 智子(青森市)
福島 智之(青森高3)ー佐々木 健(青森市)

準決勝
林ー蛯名  福島ー畑内

決勝
福島ー林

優勝 福島智之(青森高3) = 初段位獲得
二位 畑内 祐介(青森高2)
三位 林 正幸(青森市)
三位 蛯名 新(野辺地中3)

アマ名人 三日目

準決勝
今泉健司○―●井上徹也
加来博洋○―●水谷創

決勝
今泉健司○―●加来博洋

今泉健司さんが初優勝。

第6回田面木場所将棋大会 結果

平成23年9月11日(日) 田面木公民館
参加者54名


高段者戦 13名
優勝 田村純也五段
二位 工藤  元四段
三位 伊東恒紀四段
三位 松倉直也四段


三段以下戦 26名
優勝 三村浩幹二段 = 三段位獲得
二位 山本一男三段
三位 石村靖夫二段
三位 小林義朋二段


初段位獲得戦 15名
優勝 村井誠一(おいらせ町) = 初段位獲得
二位 山道喜宏(八戸市)
三位 川村武夫(八戸市)
三位 寺沢陽介(八戸市)

11091102

11091101

11091106

11091103


11091104

11091105

アマ名人戦 二日目

今日は田面木場所にきています。
アマ名人の結果はほとんど分かりません。一回戦、鈴木さんが勝ち。和田さんは負けた模様です。


長野県の掲示板より

決勝1回戦
今泉健司○ - ●平野眞三
早川  俊● - ○横山大樹
鈴木雄貴○ - ●林隆一
秋山太郎○ - ●松田隆

柳浦正明○ - ●福森亘
庄司弘光○ - ●松田耕治
早咲誠和○ - ●伊ヶ崎博
井上徹也○ - ●斉藤豪士

武田俊平● - ○奥村龍馬
工藤俊介○ - ●森本泰介
生藤健介● - ○加来博洋
峯政隆文● - ○中西浩正

田中佳久  ● - ○水谷創
菊田裕司  ○ - ●和田聡
七條慎太郎○ - ●白川勝
南 貴之  ○ - ●桐山隆


二回戦
今泉健司○ - ●横山大樹
鈴木雄貴○ - ●秋山太郎
庄司弘光○ - ●柳浦正明
早咲誠和● - ○井上徹也

奥村龍馬○ - ●工藤俊介
加来博洋○ - ●中西浩正
水谷  創○ - ●菊田裕司
七條慎太郎○ - ●南 貴之 


準々決勝
今泉○―●鈴木
庄司●―○井上
奥村●―○加来
水谷○―●七條


三日目
準決勝
今泉―井上
加来―水谷

 鈴木さんが二日目も二勝し2000年北畠さん以来のベスト8でした。残念ながら三日目には残れませんでしたが、素晴らしい成績だったと思います。決勝2回戦では東日本支部名人戦で敗れた秋山さんに雪辱しております。
 和田さんは決勝1回戦で菊田さんに敗れ、二年連続ベスト32となりました。それでも2年連続での予選突破は素晴らしい結果だと思います。気が早いですが、八戸支部個人戦の行方が気になります。
 工藤君はベスト16。京都代表としては納得していないかもしれせませんが、こちらも立派な成績だと思います。個人戦での活躍もさることながら、冬のメインイベントでの活躍を期待しております。

第11回ふれあい将棋大会 結果

http://happytown.orahoo.com/shogi_iwate/より

平成23年9月4日(日) 久慈市
参加22名

A級の部
 優勝 佐藤敏樹四段(十和田市)

B級の部
 優勝 上岡谷貴之初段(洋野町)

小・中学生の部
 優勝 金田健人君(八戸市)

第65回アマ名人戦 一日目

平成23年9月10日(土) チサンホテル浜松町

 ツイッターや掲示板から情報を集めてきました。
 おおよその結果ですので、間違っていたら訂正します。

 鈴木雄貴(青森) 予選通過 2連勝
 和田  聡(青森) 予選通過 2勝1敗
 工藤俊介(京都) 予選通過 2連勝
 庄司弘光(宮城) 予選通過 2連勝

アマ名人組み合わせ

「予選途中経過(PDF)」をダウンロード

 青森県関連では3名とも予選通過! 近年にない素晴らしい滑り出しです。明日もこの調子で三日目に残るような活躍を期待したいと思います。

決勝トーナメント組み合わせ

今泉健司 - 平野眞三
早川  俊 - 横山大樹
鈴木雄貴 - 林隆一
秋山太郎 - 松田隆

柳浦正明 - 福森亘
庄司弘光 - 松田耕治
早咲誠和 - 伊ヶ崎博
井上徹也 - 斉藤豪士

武田俊平 - 奥村龍馬
工藤俊介 - 森本泰介
生藤健介 - 加来博洋
峯政隆文 - 中西浩正

田中佳久   - 水谷創
菊田裕司   - 和田聡
七條慎太郎 - 白川勝
南 貴之   - 桐山隆
 
 タイムスケジュールはおおよそ以下の通りだと思います。

1日目 
予選1回戦 09:00~12:00
予選2回戦 12:00~15:00
予選3回戦 15:00~18:00
二日目
決勝1回戦 08:30~11:30
決勝2回戦 11:30~14:30
準々決勝  14:30~17:30
三日目
準決勝    08:30~11:30
決勝     11:30~14:30

第65回アマ名人 全国大会

平成23年9月10・11・12日 東京都 チサンホテル浜松町

青森県代表 鈴木雄貴、和田聡
京都府代表 工藤俊介

2000 北畠  悟 ベスト8   橋立正大 ベスト32
2001 山中恵介 ベスト32  青山 諭  予選敗退 
2002 嘉瀬松雄 ベスト32  橋立正大 予選敗退  
2003 嘉瀬松雄 予選敗退  橋立正大 ベスト16  
2004 橋立正大 予選敗退  田村純也 予選敗退
2005 菊地裕樹 予選敗退  中川慧梧 ベスト32
2006 中川慧梧 予選敗退  田村純也 ベスト16
2007 北畠  悟 予選敗退  田村純也 ベスト32
2008 三浦  行 ベスト32   田村純也 予選敗退
2009 山岸亮平 予選敗退  工藤俊介 予選敗退
2010 山岸亮平 ベスト32   和田  聡 ベスト32


歴代上位成績
1950 山形義雄 優勝
1987 嘉瀬松雄 ベスト8
2000 北畠  悟 ベスト8
2010 中川慧梧(岩手) 3位

日本将棋連盟 アマ名人代表一覧


 明日からアマ名人全国大会が開催されます。工藤君が京都府代表になっており、二度目の出場となります。青森県からは鈴木さんと和田さんが出場します。青森県代表は近年思いのほか成績が伸びておりません。代表のお二人にはベスト16以上を期待したいと思います。

十和田市長杯 第7回駒の里将棋大会 案内

日時 平成23年10月9日(日)13:00~(受付12:30頃)
場所 十和田市中央公民館(官庁街通り市役所向い)

クラス A級  初段以上(段位差による駒落ち戦)
    B級  1級から3級
    C級  4級以下
      4人一組の予選後、トーナメント戦

参加費  大人1000円(高校生以下500円)

参加資格 地区問わずどなたでも

審判長  島朗九段

賞品  優勝者及び2位~3位までの入賞者
     予選通過者には敢闘賞あり

主催  日本将棋連盟十和田土曜会支部
後援  十和田市

北奥羽名人戦 挑戦者決定戦シード

北奥羽名人 中川慧梧六段

湊場所北奥羽王将 田村純也五段
大館場所衆王    三浦行五段
長者場所高段者   和田聡四段
四段位獲得戦    伊東恒紀四段
田面木場所高段者 


 8名で争われる北奥羽名人戦・挑戦者決定戦のシード枠が、田面木場所高段者戦の1名を残すのみとなっております。最後の一枠を獲得するのは誰になるでしょうか。

第6回田面木場所将棋大会 案内(再掲)

日時 平成23年9月11日(日) 午前10時開始
会場 田面木公民館

クラス 高段段者戦(三段以上)
    三段以下戦
    初段位獲得戦

会費 2000円、学生1500円(昼食付)

※高段者戦の優勝者は、北奥羽名人戦の挑戦者決定トーナメントにシード

主催 田面木将棋愛好会
後援 日本将棋連盟八戸支部、デーリー東北新聞社

 ※杉野杯と日程が重なっていますので、御注意ください。


高段者戦

2006 田村純也 中川慧梧 三浦  行
2007 三浦  行 矢田  均 駒沢真己 橋畑真幸
2008 飯田  巧 矢田  均 三浦  行 斎藤  司
2009 三浦  行 和田  聡 山岸亮平 大澤啓二
2010 田村純也 山岸亮平 伊東恒紀 工藤光一

三段以下戦

2006 槇  史仁 田村峻大 佐藤将志
2007 櫻井飛嘉 天摩  洋 木村孝太郎 工藤光一 
2008 大澤啓二 河村  勇 坂本和則   馬場  明
2009 川村匠吾 川井郁弥 山本伊知郎 小泉景玉
2010 坂  福志 金崎  航 上舘  大   杉澤邦広


初段位獲得戦

2006 池田政雄 木村孝太郎 櫻井飛嘉
2007 田村亮磨 高橋  誠   早狩洋佑 大友龍治
2008 三上徹朗 柳下広大   藤田開成 千葉  懸
2009 藤田開成 工藤麟太郎 川井彩楓 奥地光男
2010 向谷地暁 出町元大   横山直人 菊地雄亮

杉野杯将棋大会 案内(再掲)

日時 平成23年9月11日(日) 9時45分集合
会場 青森市緑3-1-2 青森支部道場

クラス 杉野杯(無差別)
     初段位獲得戦

会費 一般・大学生2000円 中・高校生1500円 小学生1000円

申込 当日会場にて受け付ける。

審判長 館山 繁 大会担当幹事

賞   【杉野杯】
     優勝者には杉野杯と五段位(四段保持者に限る、
     それ以外には四段位)のほか、来年度県三大タイトル戦
     (王将戦、有段者選手権、名人戦)での予選リーグを免除。
     準優勝にカップを贈呈

【初段位獲得戦】
      優勝者に初段位と盾
      準優勝には副賞を贈る。

主催 青森県将棋連盟・東奥日報社

 ※田面木場所と日程が重なっておりますので、御注意ください。


昨年の大会結果

杉野杯
2004 菊地裕樹 村元勇太 横山幸男 工藤俊介
2005 中川慧梧 船橋隆一 飯田  巧 三浦  行
2006 三浦  行 飯田  巧 船橋隆一 奈良岡実
2007 高杉航平 工藤俊介 駒沢真己 佐々木潤一 
2008 工藤俊介 大澤啓二 駒沢真己 工藤佳織
2009 田村純也 旦代一男 三浦  行 佐々木潤一
2010 三浦  行 工藤俊介 横山幸男 田村純也


初段位獲得戦
2004 村上雄太   橋畑真幸  須藤隆太  加藤大生
2005 佐藤峰之   福井崇之  新谷俊夫  久米田征夫
2006 久米田征夫 大澤啓二  櫻井飛嘉
2007 高嶋悠太   小栗裕平  三上大輝  天内  薪
2008 鈴木健司   渡辺雄星  千葉智陽  松木雄太
2009 小黒  優   竹本浩康  阿部奈緒  三上大輝
2010 宮越大典   田中秀則  吉田  葵  出町元大

第4回福井資明九段追悼将棋大会 結果

掲示板より

平成23年9月4日(日) 陸奥新報社
審判長 高田尚平六段
参加者 50名


◇Aクラス準々決勝(参加29名)
横山 幸男 五段(弘前)     - 長谷川  裕 五段(弘前)
工藤 俊介 五段(立命館大2年) - 佐藤  颯 四段(文京小6年)
成田 豊文 四段(北斗高3年)  - 旦代 一男 四段(青森)
三浦  行 五段(弘前)     - 竹村 元伸 初段(平川)

◇準決勝
横山 - 工藤
成田 - 三浦

◇3位決定戦
工藤 - 三浦

◇決勝

成田 - 横山

◇Bクラス準々決勝(参加19名)
葛西 健治1級(黒石) - 畑内 佑介1級(青森高2年)
田中 幸太10級(弘前) - 蛯沢 俊太2級(造道小1年)
三上 聖央1級(弘前一中2年) - 香西 凛 (和徳小6年)
中村 凱明 (青森高2年) - 小田桐 昭彦1級(平川)

◇準決勝
葛西 - 田中
三上 - 中村

◇3位決定戦
田中 - 中村

◇決勝
三上 - 葛西

◇Cクラス(参加3名)
総当り戦
①村上  諒(時敏小5年)
②村上  慧(時敏小1年)
③渡辺 一樹(付属幼稚園)

第26回全国オール学生将棋選手権(団体戦) 結果

平成23年9月4日(日)  川崎市民プラザ
参加 41チーム

優勝 埼玉大学 5-0
二位 一橋大学 5-0
三位 東京大学

8位 岩手高校  3-2
9位 立命館大学 3-2

日本将棋連盟大会報告

 ツイッター関連からの情報によりますと、おおよそこんな結果です。正確な結果は特別協力の朝日新聞に載るかと思います。岩手高校は8位ということでまずまずの成績ではなかったかと思います。お疲れ様でした。

JT将棋北海道こども大会 低学年部門で工藤麟太郎君優勝!

平成23年9月3日(土) 札幌コンベンションセンター 大ホール
参加者 440名(低学年:187名 高学年:253名)


JT将棋北海道大会速報


低学年部門
優勝 工藤麟太郎
二位 川島徹大

高学年部門
優勝 広森航汰
二位 平 倖果

 なんと、工藤麟太郎君がJT北海道大会の低学年部門で優勝とのこと。180名を超える参加者の中、レベルの高い北海道大会で優勝するとは驚きました。今年1月に開催された学年誌杯2年の部での優勝に続いてのビックタイトル獲得です。大舞台での強さは半端ないですね。
 先日の四段位獲得戦に工藤君も出場しており、同じく参加した私は初めて彼と対戦しました。キビキビとした指し手に圧倒され完敗でした。普通に強かったです。そんな彼も倉敷王将低学年の部青森県代表になれず、悔しい思いがあったはず。それも今回の優勝で少しは晴れたでしょうか。
 今年は大震災の影響で残念ながら東北大会が中止となってしまいました。参加したいと考えていた生徒は今回の北海道に遠征したか、東京大会へのエントリーを考えているのでしょうか。しかし、東京大会は参加者数が多すぎて途中で打ち切りになるかもしれません。なんとか、東北大会に出れなかった生徒も他の大会に参加できればと思います。

 北海道大会の参加者が昨年の337人から440人に増えています。クロ現放映の効果もあったのでしょうが、凄いことです。どうすれば1年で大会に参加する生徒が100人も増えるのか想像できません。保護者を含めれば1000名を超えるであろう大会会場の雰囲気は県内の大会では味わえないものでしょう。青森県の生徒にもこの大会を経験させてやりたいものです。
 麟太郎君が優勝したということで、どこかに本大会の結果が載っていないか検索したところ、リンクしている公式ページ関連で速報されていました。ホームページの更新一つとっても、この大会が絶大な支持を得ている証左ではないでしょうか。

オール学生団体戦

日時 平成23年9月4日(日)
会場 川崎市
競技 5人制の団体戦 
    スイス式5回戦 30分切れ負け

日本将棋連盟大会案内

明日はオール学生団体戦が行われます。おそらく岩手高校も参加すると思います。
昨年は岩手高校の2位をはじめ、高校生チームが上位に入っておりました。さて今年はどうなることでしょうか。

グランドチャンピオン戦 途中経過

 こちらも資料を頂きましたので、掲載いたします。どなかが作成したかは、皆さんの想像通りです。

20110829083713_00001

「20110829083543.pdf」をダウンロード

順位  氏名   P  タイトル
GC  和田  聡 10  
1位 鈴木雄貴 17 支部名人、県名人
2位 大澤啓二 16 県王将、アマ竜王
3位 佐々木潤一 8 有段者選手権
4位 田村純也 14 
5位 奈良岡実  8
6位 横山幸男  7
7位 成田豊文  6

8位 三浦  行  5
9位 嘉瀬松雄  5
10位 旦代一男  4


 今年は大震災の影響により、赤旗名人戦が行われないため、朝日アマの予選を残すのみとなっております。上位5名の出場はほぼ確定。残る3枠を争うことになります。まだ、圏外の人も朝日アマで優勝できれば、GCに出場可能ですので残り2戦頑張ってほしいと思います。

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »