無料ブログはココログ

« 「しんぶん赤旗」囲碁・将棋大会東青地区大会 案内 | トップページ | 第21回大山十五世名人杯争奪将棋大会 案内(再掲) »

倉敷王将戦 低学年の模様

 気になる倉敷王将戦の途中経過ですが、下記のブログに低学年の途中までの様子がアップされています。それによりますと、麟太郎君はベスト4には入れなかった模様です。貴重な舞台ですので、最後の5回戦目も頑張ってほしいと思います。

http://d.hatena.ne.jp/redips/

http://ameblo.jp/kanage101/

追記
 本大会はそれぞれ64名がスイス式5回戦を行い5連勝同士がステージ上で決勝戦を行います。優勝争いは実質一発トーナメントと一緒です。
 ツイッター情報によりますと、

低学年の部

優勝 小林伸彰(埼玉 3年)
二位 伊藤  匠(東京 2年)
三位 森本才跳(兵庫 3年)
三位 遠藤寛也(奈良 3年)


高学年の部
 
5回戦(4勝同士の対戦)
  山川泰熙(小学生名人) ○ - ● 田中大貴(秋田)
  川村悠人(神奈川)    ○ - ● 中  七海(兵庫)


決勝
 山川泰熙(小学生名人) ○ - ● 川村悠人(神奈川)


青森県勢
低学年 工藤麟太郎(2年) 3勝2敗
高学年 木村孝太郎(5年) 2勝3敗

 低学年の部で2年生の麟太郎君が見事3勝。同年代の生徒とハイレベルな環境で5回対戦できたことはいい経験なったと思います。高学年の部では4段クラスの実力をもつ孝太郎君をもってして2勝どまりですか。4勝を予想していたので、驚きです。小学生でも5段近い実力が必要になってきたということでしょうか。二人にはまだ来年もチャンスがありますので、今回の経験を糧にさらなる実力アップを期待したいと思います。長旅お疲れ様でした。


« 「しんぶん赤旗」囲碁・将棋大会東青地区大会 案内 | トップページ | 第21回大山十五世名人杯争奪将棋大会 案内(再掲) »

大会結果」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく観ております。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「しんぶん赤旗」囲碁・将棋大会東青地区大会 案内 | トップページ | 第21回大山十五世名人杯争奪将棋大会 案内(再掲) »