無料ブログはココログ

« 第34回毎日杯争奪将棋大会 案内 | トップページ | 朝日アマと小学生名人 »

囲碁 八戸での普及活動

 先日のデーリー東北に、日本棋院八戸支部幹事長の竹井勝氏の記事が載っていました。1996年に八戸支部幹事長に就任してから当時30名だった支部会員を2009年12月時点で150名まで増やしたそうで、これは全国でも上位10位に入るほどだそうです。身近にもこんな凄い人がいたのですね。
 記事の中で、会員拡大の要因としてあげているのが、

・大会数の増加 年9回開催 
・幼稚園や保育所での普及活動
・「ヒカルの碁教室」の開催

 特に目新しいことはなく、地道な活動を続けてきた成果なのでしょう。しかし、それは決して口で言うほど簡単なものではないはずです。10数年に渡る永続的な活動と情熱があってこそ、今日があるわけで、近道がどこかにあるというわけではなさそうです。

 普及という点では将棋と共通する部分が多いと思います。3月14日に八戸パークホテルで大会があるようなので、普及への近道がないか潜入捜査してきたいと思いますw

デーリー東北 熱中人

日本棋院八戸支部の会員数が150人を突破(2010/01/08)

« 第34回毎日杯争奪将棋大会 案内 | トップページ | 朝日アマと小学生名人 »

その他」カテゴリの記事

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第34回毎日杯争奪将棋大会 案内 | トップページ | 朝日アマと小学生名人 »