無料ブログはココログ

« 青森高校将棋部 優勝報告 | トップページ | 第20回大山十五世名人杯争奪将棋大会 結果 »

阿部健治郎君四段昇段

阿部健治郎君が四段に昇段しました。
山形県からは久しぶりでしょうし、東北からの棋士誕生も久しぶりではないでしょうか。
山形県にとっては、待望の地元棋士誕生ということで、うれしさも一入でしょう。
 私も三段リーグはこまめにチェックしておりました。残り4戦で3勝1敗なら昇段でしたが、 まだまだ油断できないなと思っていた矢先、ニ連勝で四段昇段の報に接しました。
 東北棋界は学生の団体戦での活躍など朗報続きです。これからもアマ・プロ問わず明るい話題が続いてほしいと思います。 そして、彼に続いて青森からも新たに棋士が誕生してほしいと思います。

« 青森高校将棋部 優勝報告 | トップページ | 第20回大山十五世名人杯争奪将棋大会 結果 »

その他」カテゴリの記事

コメント

阿部新四段とは私も1局だけ指しています。
7、8年前に秋田の西仙北町で行われた東北将棋大会で、この翌年に奨励会に入りました。
大会前日、土岐田先生に「彼にはプロの本格的な将棋を身に付けさせるため、あえて大会にはあまり出さず、私の元で勉強させている。今回は特別で、これをアマチュア最後の大会にするつもりだ」と紹介してもらいました。
リーグで、最終戦で全勝対決でした。相矢倉で終盤まで読み筋どおりに進んで優勢になったと思いました。ところが、それは単なる思い込みで、さらに2歩も3歩も先を踏み込んで読んでいて、しっかり負かされました。感想戦で自分の読み筋をしゃべっても、さらに深く掘り下げられ、ことごとく結論を覆されました。「ものが違う」とはこのことだと思いました。今までで、この将棋ほど完膚なきまで読み負けた将棋はなかったと思います。
これまでたくさんの若手強豪を見てきましたが、読みの深さ、正確さ、大局観のよさという点では、私の中で間違いなくナンバーワンです。東北の期待を背負うことになりますが、目標を高く持ってがんばってもらいたいです。

田村さんにそこまで言わせるとは凄いですね。
土岐田先生とのエピソードにも唸ってしまいますね。
これからの活躍が楽しみです。
それから、是非こちらの大会にも来てほしい!
十和田場所で御呼びできたらいいなと勝手に期待してます(笑)
もしくは六県大会とか。

この田村さんのコメントの言葉、なかなか思い出深きものがありますので、こちらのホームページの「祝福のメッセージ」の中に掲載させてください。よろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 青森高校将棋部 優勝報告 | トップページ | 第20回大山十五世名人杯争奪将棋大会 結果 »