« 朝日アマ名人戦全国大会 一日目 結果 | トップページ | 第5回弘前市民将棋大会 結果 »

感動を与える将棋

今年の六県大会代表には既に北畠さんと長谷川さんが決定しています。これに、渡辺県連会長が加わると平成6年の優勝メンバーとなります。これは是非県連会長に頑張っていただかなくてはいけません。というのが筋でしょうが、やはりここに入ってほしいのは嘉瀬さんでしょう。
 掲示板に近村さんが嘉瀬さんの将棋をして「感動した将棋」と述べておりました。なるほど!と膝を打ちました。最近は辛い将棋が増えてきて、魅せる将棋というのが少なくなっているように思います。その点、嘉瀬さんの将棋は鮮烈な印象を見る者の脳裏に焼き付けています。
 青森将棋界のHPの棋譜の館に嘉瀬さんの棋譜があります。その中で印象的な棋譜として、2002年GCでの嘉瀬vs橋立戦をあげたいと思います。嘉瀬ワールドを十分に堪能できると思います。是非、過去の棋譜ではなく、大きな舞台で盤上に嘉瀬ワールドを再現させてほしいと思います。

« 朝日アマ名人戦全国大会 一日目 結果 | トップページ | 第5回弘前市民将棋大会 結果 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 朝日アマ名人戦全国大会 一日目 結果 | トップページ | 第5回弘前市民将棋大会 結果 »