無料ブログはココログ

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

小学生名人戦県大会 結果

平成21年3月29日(日) 青森支部道場

紅白7人のリーグから二人ずつの予選通過者による決勝総当たり

①山岸 亮平(八戸市小中野小5)3-0東日本大会出場
②木村孝太郎(青森市三内西小3)2-1
③伊東 恒紀(八戸市柏崎小2) 1-2
④川村 匠吾(三沢市木崎野小2)0-3

 山岸君が青森県代表の座を勝ち取りました。昨年以上に力をつけているでしょうから二連覇に向けて頑張ってほしいと思います。山岸君は、ここ一年は八戸の大会はもちろん青森や弘前の大会にも参加し、大会王と言っていいくらい各種大会に参加しておりました。その成果を大きな舞台でも発揮してほしいと思います。
 2位から4位の3名はあと3年以上は同じ小学生クラスでの戦いが続きます。こういった好敵手がお互いをよりたくましくしていくと思います。今年は残念でしたが、来年の代表の座を目指して頑張ってほしいと思います。

第26回六戸場所将棋大会

平成21年3月22日(日) 六戸町就業改善センター
参加者数94名

高段者戦
優勝 田村純也五段(八戸市)
二位 中川滉生四段(八戸市中2)
三位 窪田武三段(八戸市)
三位 三浦仁志四段(八戸市)

三段位獲得戦
優勝 高嶋悠太初段(青森市小6)
二位 三上徹朗初段(青森市小6)
三位 上野行雄二段(八戸市)
三位 木村満二段(八戸市)

初段位獲得戦
優勝 松木雄太1級(弘前市中2)
二位 藤田開成1級(つがる市小6)
三位 小塩龍平1級(盛岡市)
三位 兎内瑛裕1級(七戸町小6)

 94名と多くの方に参加いただきました。昨年が76名ですから20名近く増えた勘定になります。私は参加してないので理由はわかりませんが、うれしい限りです。
 三段位獲得戦では高嶋君が優勝しました。この年代はあっという間に強くなるので、意外と四段も早い時期に取るのかもしれません。今年の中学生大会は、高嶋君・三上君も加わり熾烈な争いとなりそうです。

第17回十和田将棋大会

日時 平成21年4月19日(日) 
    午前10時開催(時間厳守) 午前9時より受付
場所 十和田市中央公民館
クラス 高段者戦(四段以上)
    四段位獲得戦(三段以下)
    二段位獲得戦(初段以下)
    若駒戦(小・中学生の部)
会費 大人(大学生) 2,000円(昼食付)
    学生 1,500円(昼食付)
    若駒戦出場者 1,000円(昼食付)
賞品 高段者戦 優勝:清酒一斗
    四段位戦 優勝:四段位免状と賞品
    二段位戦 優勝:二段位免状と賞品
    若駒戦   優勝:賞状(日将連)と賞品
    その他、各クラス2~4位に賞品を贈ります。

審判長 十和田土曜会支部 小泉有輝四段
主  催 日本将棋連盟 十和田土曜会
後  援 デーリー東北新聞社
事務局 十和田支部長 米田和生
 

キリン杯個人戦 中川慧梧君優勝!

関西将棋会館HPによりますと、中川慧梧君がキリン杯個人戦で優勝です!
 高校生での優勝は初となります。(中学生の優勝がありました)最近の活躍にはもう溜息しかでません。今年どれだけの活躍をするのか怖いぐらいです。近いところでは4月末の支部名人戦でしょうか。いろいろな最年少記録を塗り替えてほしいと思います。

小学生名人戦青森県予選 本大会

今度の日曜日はいよいよ小学生名人戦の本大会が行われます。予選会には125名と多くの生徒に参加いただきました。本大会は小学生名人でシードの山岸君を加え、総勢15名の戦いとなります。その中で、今年は女子が2名含まれております。そして、それぞれ二人の兄弟も本大会に出場しています。昨年小学校団体戦青森県代表の浜田小からは4名が本戦に進んでおります。新一年生の工藤麟太郎君も本戦出場で早くも大器の片鱗を見せております。いろいろと見所の多い大会となりそうです。
 優勝争いは山岸君を筆頭に有段者中心となるでしょうか。今年も昨年同様の熱戦となるでしょう。

キリン杯 団体戦

~ パイナップルより ~

団体戦予選3位岩手高校と予選4位東大の決勝


~ 以上 ~

すっかり、チェックするを忘れておりましたが、今年も岩手高校勢が快進撃を続けております。メンバーは、岩泉・中川・澤口・西田・川村の5名です。

関西将棋会館のHPに一日目の結果が載っています。

岩手高校
 1回戦 ○4-1● 東大寺学園高校 ○○○○●
 2回戦 ○3-2● 京都大学C     ○○●●○or ○●○○●
 3回戦 ○4-1● 大阪大学B     ○○○○●
 4回戦 ○3-2● 埼玉大学A     ○○●●○or ○●○○●
 5回戦 ○5-0● 大阪星光学院高 ○○○○○

是非、優勝してほしいと思います!

青森県関係では船橋君が早速東北大学の一員として出場しています。五将として4勝以上は上げたことになります。団体としては東大Aに惜しくも2勝3敗で破れたほかは4勝し総合で6位となりました。山形大学で出ているのは八戸出身の天摩君でしょうか。それぞれの大学でも活躍してほしいと思います。

 追伸

岩手高校は2-3で東大Aに敗れ準優勝となりました。残念ではありますが、大学生に交じって二年連続準優勝という結果は素晴らしいと思います。明日は個人戦もあると思いますので、そちらでも頑張ってほしいと思います。

決勝  東京大学A  2-3
          澤口●-○田中
          西田●-○谷崎
          川村●-○入江
          中川○-●武内
          岩泉○-●鈴木

第31回長者場所将棋大会 案内

日時 平成21年4月5日(日) 午前10時開始
会場 八戸市長者公民館
クラス 有段時間差戦 
       優勝者は北奥羽名人戦挑戦者決定Tにシード
     二段位獲得戦
     初級者戦
会費 一般2000円
    学生1500円
    初級者戦に参加の小・中学生は1000円

主催 長者将棋愛好会

毎日杯結果

平成21年3月22日(日) 青森市
参加者13名

準々決勝(左側が勝ち)
旦代 一男④(青森市)ー佐々木潤一⑤(青森市)
奈良岡 実⑤(青森市)ー大澤 啓二③(青森市中1)
山岸 亮平③(八戸市小5)ー櫻井 飛嘉④(青森市中1)
工藤 俊介⑤(青森市高2)ー三浦 行⑤(弘前市)

準決勝
奈良岡ー旦代
工藤ー山岸

決勝
工藤ー奈良岡

全国小学生名人戦弘前地区大会 結果

平成21年3月22日(日) 弘前市土手町スクエア2F

参加者7人でのリーグ戦の結果

 ①小山 千代之介(弘前市大成小5年) 5勝1敗
 ①宮越 大典(青森市戸山西小4年)  5勝1敗
 ①川井 彩楓(青森市浜田小3年)   5勝1敗
 ④須郷 聖也(弘大教育学部附属小5年)3勝3敗

☆3すくみ延長トーナメント戦
 1回戦
   川井(シード)
  ○小山 - 宮越

 代表決定戦
  ○川井 - 小山

今度の日曜日

 今度の日曜日23日は、多くの大会が開催されます。
・毎日杯(青森市)
・六戸場所(六戸町)
・小学生名人戦弘前地区予選(弘前市)
・レーティング選手権(盛岡市)
 大会が多いことはうれしいですが、どれか一つでも春分の日に行われてくれれば、ありがたいなと思います。
参加者にとっては、選択肢が多く優勝するチャンスも増えると思うので、希望の大会に参加してはいかがでしょうか。

第5回弘前市民将棋大会 結果

平成21年3月15日(日) 陸奥新報社六階ホール
82名参加

A級(有段者) 35名

準々決勝
工藤 佳織3段(青南中3)-相坂 啓太3段(浜田小4)
成田 豊文4段(古川中3)-旦代 一男4段(青森市)
工藤 俊介5段(青森高2)-佐々木潤一5段(青森市)
山岸 亮平3段(小中野小5)-大澤 啓二3段(古川中1)

準決勝
成田-工藤佳
山岸-工藤俊

決勝
山岸-成田


B級(1-3級) 23名

準々決勝
佐藤 颯1級(文京小3)-佐々木 哲1級(弘前市)
田中 篤1級(弘前市)-三上 秀一朗1級(筒井中2)
工藤 麟太郎2級(青森・ひかり保育園)-渡邊 雄星1級(弘三中2)
横山 裕一1級(山形大2)-三上 雄亮3級(弘前市)

準決勝
佐藤-田中
横山-工藤麟

決勝
佐藤-横山


C級(4級以下) 14名

準々決勝
奈良岡 英樹(弘前市)-大澤 桃子(古川小4)
長内 理信(五所川原中央小5)-三上 真一(弘前市)
木村 圭介5級(附属中1)-中道 友智(五所川原中央小5)
斎藤 浩人(古川小5)-永井 英幸5級(青森市)

準決勝
奈良岡-長内
斎藤-木村

決勝
斎藤-奈良岡


小学生の部(6級以下) 10名

準決勝

若松 岳希(致遠小6)-長内 理乃(五所川原中央小3)
川井 彩楓(浜田小3)-三上 聖央(弘北小5)

決勝
若松-川井


 参加者が80名を超え、大会も盛り上がったのではないでしょうか。優勝者は全て小学生でした。その中で、特筆すべきは、A級での山岸君の優勝でしょう。意外にもAクラス優勝は初めてでしょうか。これまでも惜しいところで優勝を逃しておりましたが、この大人数の大会での優勝ですから、大きな価値が有ると思います。これから大きな大会に向けて頑張ってほしいと思います。

感動を与える将棋

今年の六県大会代表には既に北畠さんと長谷川さんが決定しています。これに、渡辺県連会長が加わると平成6年の優勝メンバーとなります。これは是非県連会長に頑張っていただかなくてはいけません。というのが筋でしょうが、やはりここに入ってほしいのは嘉瀬さんでしょう。
 掲示板に近村さんが嘉瀬さんの将棋をして「感動した将棋」と述べておりました。なるほど!と膝を打ちました。最近は辛い将棋が増えてきて、魅せる将棋というのが少なくなっているように思います。その点、嘉瀬さんの将棋は鮮烈な印象を見る者の脳裏に焼き付けています。
 青森将棋界のHPの棋譜の館に嘉瀬さんの棋譜があります。その中で印象的な棋譜として、2002年GCでの嘉瀬vs橋立戦をあげたいと思います。嘉瀬ワールドを十分に堪能できると思います。是非、過去の棋譜ではなく、大きな舞台で盤上に嘉瀬ワールドを再現させてほしいと思います。

朝日アマ名人戦全国大会 一日目 結果

平成21年3月14日(土) チサンホテル浜松町

1回戦
中川慧梧(北東北) ○-● 早瀬勇希(東海)
鈴木勝裕(西東北) ○-● 天野高志(東海)
佐野尚史(南東北) ○-● 下平雅之(北九州)

2回戦
中川慧梧(北東北) ○-● 中川俊一(近畿)
鈴木勝裕(西東北) ●-○ 稲葉聡 (近畿)
佐野尚史(南東北) ●-○ 清水上徹(東京)

準々決勝
中川慧梧(北東北) ●-○ 清水上徹(東京)

 1回戦は東北勢が全員勝ちました!鈴木さんは天野元朝日アマ名人に、佐野さんは下平赤旗名人にそれぞれ勝利しました。こんなケースは私の記憶では初めてではないかと思います。素晴らしいスタートです。
 朝日オープン出場をかけた2回戦では、中川君が中川俊一さんを破り、準々決勝進出とプロ棋戦出場を決めました!これで、銀河戦よりも早くプロとの対局を見ることが出来ます。昨年の鈴木睦さんに続く快挙です。そちらでの活躍も今から楽しみです。
 鈴木さんと佐野さんは惜しくも2回戦で敗退となりました。しかし、このレベルになるとビックネームばかりで、流石に朝日アマの壁の厚さを実感させられます。
 中川君の準々決勝の相手は、あの清水上さん。中川君にとって、どれほど通用するのか試金石だと思います。私としては一番見てみたかった対戦でした。結果は残念ながら中川君の負け。次に対戦するときまでに、もう一クラス上の実力をつけてもらいたいと思います。
 準決勝の組み合わせは、早咲―武田、浅田―清水上。実績十分な重厚なメンバーとなりました。

二日目

準決勝
早咲 ○ - ● 武田
浅田 ● - ○ 清水上

決勝
早咲 ● - ○ 清水上

朝日アマ名人戦

今週末は、朝日アマ名人戦があります。

北東北 中川慧梧 - 早瀬勇希(東海)
西東北 鈴木勝裕 - 天野高志(東海)
南東北 佐野尚史 - 下平雅之(北九州)

昨年は、鈴木睦さんがベスト8で、朝日オープンに出場しています。工藤俊介君は北東北代表として久々の勝利を収めました。
 今年の代表の皆さんには、是非ベスト8以上に残って2年連続で東北から朝日オープンに出場してほしいと思います。

全国小学生名人戦青森地区大会 結果

平成21年3月8日(日) 青森支部道場

参加16人。
8人ずつAB組予選通過後、決勝総当たり方式。

7人通過の決勝リーグの結果

①木村 孝太郎(三内西小3)6-0 県大会進出

4勝2敗3すくみ決定戦
②工藤 麟太郎(ひかり保育園年長)2-0 県大会進出
③吉田 陽(浪館小2)1-1
④斉藤 浩人(古川小5)0-2

 木村孝太郎君がまずは順当に県大会出場をきめました。そしてもう一人は、新年度1年生の工藤麟太郎君。
県大会でどれだけ活躍するのか楽しみです。

有段者選手権 結果

平成21年3月8日(日) 青森支部道場

準々決勝(左側が勝ち)
船橋 隆一④(青森市高3)- 三上 勝行  ④(黒石市)
長谷川 裕⑤(弘前市)   - 倉内 勇喜夫④(青森市)
田村 純也⑤(八戸市)   - 佐々木 潤一⑤(青森市)
工藤 俊介⑤(青森市高2)- 田村 峻大  ③(青森市中2)

準決勝
長谷川裕 - 船橋隆一
工藤俊介 - 田村純也

決勝
長谷川裕 - 工藤俊介

 長谷川さんが14年ぶり2度目の優勝を果しました。一口に14年と言うのは簡単ですが、一度第一線から遠のいて再度復活を遂げることは並大抵ではなかったと思います。まして、若手が席巻する県棋界にあって、その代表格である高校生二人を退けての優勝は素晴らしいと思います。おめでとうございました。
 そして、これで六県大会の先鋒が決まりました。六県大会の出場は平成9年大将で出場して以来だと思います。その時は見事大将戦で優勝しております。今年は是非先鋒での優勝、そして青森県チームの優勝を実現してほしいと思います。

第2回小田桐杯争奪大会 案内

~掲示板より~

場  所 近代将棋道場
ルール 15分60秒
     4人1組の予選リーグの後にトーナメント戦をAクラスとBクラスに分けて実施。
     予選リーグは2勝の2人がAへ、2敗の2人がBへとなります。
対局日 週1ペース
     運営者の自分が作りますので不都合な場合は掲示板で調整致します。
     ○曜日の○時と最初から都合を書いてもらえると有り難いです。
賞  品 各3位まで出します(ゆうパックのギフトの予定です)。

http://hwm8.gyao.ne.jp/mrkinta/odagirihai/index.htm

第13回小田桐杯リーグ戦 案内

~掲示板より~

場  所 近代将棋道場
ルール 15分60秒
対局日 週1ペース 主にPM8:00~10:00

現在、A~E級まであり46人参加しています
小学生4人
中学生11人
高校生8人
大学生15人
社会人8人
となっています。
約9対局を2ヶ月くらいで行います。(週1ペースです)
仕事忙しい…、勉強が…って中でも○曜日の○時なら指せるかな?って参加してくれてる方もいます。
詳しくは小田桐杯のHP↓
http://hwm8.gyao.ne.jp/mrkinta/odagirihai/index.htm
ご覧ください。

皆さんの参加を心よりお待ちしております。
大会だけの参加も大歓迎です。

第36回鮫場所将棋大会 結果

平成21年3月1日(日) 八戸市水産科学館マリエント
参加者67名

高段者戦
優勝 佐藤敏樹四段(十和田市)
二位 三浦仁志四段(八戸市)
三位 中川滉生四段(八戸市)
三位 天摩洋二段(八戸市)

三段位獲得戦
優勝 藤田照雄二段(八戸市) = 三段位獲得
二位 稲福久人二段(八戸市)
三位 川村匠吾二段(三沢市小2)
三位 柳下美優紀二段(十和田市中3)

初段以下戦
優勝 工藤雄一郎1級(八戸市中1) =初段位獲得
二位 谷地竜也1級(十和田市)
三位 三浦政志1級(八戸市)
三位 柳下秀文1級(十和田市)

 初段以下戦は工藤雄一郎君が優勝しました。彼の実力からすれば、ようやくといった感ですが、これを機にさらに頑張ってほしいと思います。また、こども将棋教室から原君に続いての段位獲得です。教室の生徒にとっても励みになると思います。
 

第26回六戸場所将棋大会 案内

日時 平成21年3月22日(日) 午前10時開始
場所 六戸町就業改善センター(六戸町役場向かい)
クラス  高段段者戦
    三段位獲得戦
    初段位獲得戦
会費 2000円(学生1500円)

※高段者戦で、三段が優勝の場合は四段位免状、四段以上の場合は賞金。
 各クラス決勝をデーリー東北将棋欄に掲載。

主催 日本将棋連盟六戸支部
後援 デーリー東北新聞社

全国小学生将棋名人戦おいらせ予選会 結果

平成21年3月1日(日) 大山将棋記念館
参加者42名

優  勝 川井 郁弥(浜田小5年)
準優勝 笹田 琢郎(浜田小4年)
第三位 田中 舞美(百石小5年)
      斎藤宗ノ介(三沢小5年)
第五位 向谷地 暁(木ノ下小3年)
 以上、5名が県大会出場

Bクラス(敢闘トーナメント)
 優 勝 吉田 百花(甲洋小3年)

Cクラス(奨励トーナメント)
 優 勝 吉田瑠璃子(甲洋小3年)

 浜田小の2名が上位に入り、相坂君を含めて3名が本大会に進むことになりました。浜田小は昨年の小学校対抗戦優勝チームでもあり、そのメンバーがほとんど残っているのですから、この結果も頷けます。
 そして、田中兄弟(姉弟)の本大会出場も決まりました。昨年からではありますが、兄弟での本大会出場は初めてだと思います。

有段者選手権予選会結果

平成21年3月1日(日) 青森支部道場
31名参加

【本戦入り決定戦】左側が勝ち
◎田村 純也5段(八戸市)   - 大澤 啓二 3段(青森市中1)
◎長谷川 裕5段(弘前市)   - 豊川 直人 4段(青森市)
◎佐々木潤一5段(青森市)  - 山岸 亮平 3段(八戸市小5)
◎船橋 隆一4段(青森市高3)- 倉内勇喜夫4段(青森市)
◎工藤 俊介5段(青森市高2)- 北畠 悟  5段(つがる市)

【決定戦敗者復活戦】決勝
◎倉内ー大澤

【1回戦敗者復活戦】決勝
◎三上 勝行4段(黒石市)ー成田 豊文4段(青森市中3)

【予選落ち敗者復活戦】決勝
◎田村 峻大3段(青森市中2)ー横山 幸男5段(弘前市)

 31名の参加はなかなかの参加数でないでしょうか。船橋君は進学先も決まり、久々の登場でベスト8に残っています。進学先でも主力メンバーとして活躍してくれるでしょう。
今回は、なかなか面白いメンバーが揃ったように思います。長谷川さん以外は、いずれも初優勝となります。
ベテラン勢にも頑張ってもらいたいし、学生勢にもそろそろ優勝してもらいたいところ。誰が優勝するのか個人的には非常に興味深い一日になりそうです。
日曜日の青森支部道場は、小学生大会もあり、熱い一日になりそうです。

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »