無料ブログはココログ

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

高校選手権 団体戦 結果

平成20年5月25日(日) 青森市中央市民センター
参加 18チーム

男子
優勝 青森高校A(工藤俊介、船橋隆一、佐々木将志) =高校将棋選手権団体代表
二位 百石高校A
三位 青森高校C
三位 弘前高校A

女子
優勝 青森戸山高校(今友希奈、和田朋子、佐々木和希)

 青森高校が昨年に続き優勝しました。おめでとうございます。昨年は全国大会準優勝で、主要メンバーは変わらずですので、それ以上の成績が期待されます。楽な試合はないかと思いますが、頑張ってほしいと思います。

小・中学生選手権結果

平成20年5月25日(日) 青森支部道場
参加合計42人

◇中学生代表決定戦(8人総当たり)
☆①中川 こう生(長者中2)6-1(全国中学生選抜選手権男子代表)
 ②田村 峻大 (佃中2) 5-2
 ③櫻井 飛嘉 (浦町中1)5-2
☆④工藤 佳織 (南中3) 4-3(全国中学生選抜選手権女子代表)

◇中学生一般(無段クラス・6人総当たり)
 ①山本 伊知郎(沖館中1)5-0
 ②三上 秀一朗(筒井中2)4-1
 ③村谷 学 (弘大附中2)3-2
 ④福士 和希(弘大附中1)2-3

◇小学生高学年代表決定戦(6人総当たり)
☆①相坂 啓太(浜田小4) 4-1(全国小学生倉敷王将戦高学年代表)
 ②蛯名 新(野辺地小6) 3-2
 ③奥寺 航 (百石小5) 3-2

◇小学生低学年代表決定戦(3人先後2局総当たり)
☆①木村孝太郎(三内西小3)3-1(全国小学生倉敷王将戦低学年代表)
 ②川村 匠吾(木崎野小2)2-2
 ③伊東 恒紀(柏崎小2) 1-3

◇小学生中級(6人総当たり)
 ①笹田 琢朗(浜田小4) 4-1
 ②佐藤 颯 (文京小3) 4-1
 ③敦賀 有海(五所川原中央小5)3-2
 ④工藤 麟太郎(ひかり保育園)2-3

◇小学生初級(13人)
 ①奥寺 翔 (百石小3)
 ②三上 大樹(五所川原中央小5)
 ③宮越 大典(戸山西小4)
 ③奈良 雛枝(一野坪小3)

第18回大館場所将棋大会

日時 平成20年5月18日(日) 大館公民館

衆王戦挑戦者決定戦
優勝 佐々木潤一五段(青森市)
二位 松倉直也四段(八戸市)
三位 矢田均四段(田子町)
三位 斉藤司四段(八戸市)

衆王戦
佐々木潤一五段 ○ - ● 田村純也四段(八戸市)

三段以下戦
優勝 坂福志三段(八戸市)
二位 天摩洋二段(八戸市)
三位 上野行雄二段(八戸市)
三位 日戸徹二段(三戸町)

初段位獲得戦
優勝 上野光弘1級(八戸市) =初段位獲得
二位 谷地竜也1級(十和田市)
三位 兎内貴裕1級(七戸町)
三位 山本伊知郎1級(青森市)

 佐々木潤一さんが六県大会副将田村純也さんを破り、衆王位を獲得しました。おめでとうございます。県南でのタイトル獲得は初めてではないでしょうか。青森市から遠征してのタイトル獲得に並々ならぬ情熱を感じます。是非、全国大会でもその勇姿を拝見したいものです。近いところでは7月のアマ名人戦予選会でしょうか。是非頑張ってほしいと思います。
 三段以下戦では坂さんが貫禄を見せました。坂さんにとっても久々の優勝ではないでしょうか。満面の笑みが思い浮かびます。二段の方にとって坂さんの壁は厚いように思いますが、その壁を破ってこそ三段位も価値があると思います。
 この日は、大会が重なり参加者数がどうだったか心配な部分ではあります。私も参加すればよかったのでしょうが、県名人戦の観戦に行ってしまいました。主催が違うので難しい部分ですが、重ならないほうが双方にとって利点が有ると思うので、その辺も考慮いただければと思います。

小・中学生将棋大会 結果

平成20年5月18日(日) 東奥はちのへホール
参加者46名

中学生の部
優勝 工藤佳織(青森南中3)
二位 成田豊文(古川中3)
三位 田村峻大(佃中2)
三位 工藤光一(木ノ下中1)

小学生上級の部
優勝 相坂啓太(浜田小4)
二位 木村孝太郎(三内西3)
三位 川井郁弥(浜田小5)
三位 藤田開成(豊川小6)

小学生中級の部
優勝 吉田葵(浪館小6)
二位 兎内瑛裕(七戸小6)
三位 斎藤宗之介(三沢小5)
三位 中道友智(五所川原中央5)

小学生初級の部
優勝 工藤麟太郎(青森市ひかり保育園年長)
二位 宮越大典(戸山西小4)
三位 畠山拓也(木ノ下小4)
三位 斎藤浩人(古川小5)

県名人戦 結果

平成20年5月18日(日) 東奥はちのへホール

準々決勝(左側勝ち)
長谷川裕五段(弘前市)   - 中川滉生四段(長者中2)
工藤俊介五段(青森高校2)- 北畠 悟五段(つがる市)
奈良岡実五段(青森市)   - 田村純也四段(八戸市)
三浦  行五段(弘前市)   - 旦代一男四段(青森市)

準決勝
長谷川裕五段 - 工藤俊介五段
三浦  行五段 - 奈良岡実五段

決勝
三浦 行五段 - 長谷川裕五段

 三浦さんが、長谷川さんを逆転で下し、初優勝を決めました。おめでとうございます。本戦の合間に隣の大会に参加している子供たちを指導しているのが印象的でした。子供たちも喜んでいると思います。意外にもアマ名人戦全国大会は初出場ですが、まずは予選突破目指して頑張ってほしいと思います。そして、六県大会のメンバーも決まりました。連覇目指して頑張ってほしいと思います。

大将 三浦行県名人
副将 田村純也県王将
先鋒 中川慧梧有段者選手権者

小・中学校団体戦おいらせ予選会 結果

平成20年5月11日(日) みなくる館
参加数
小学校 17チーム
中学校 2チーム

県大会出場チーム
小学校5チーム(内1チームは、推薦枠による)
 百石小学校A
 柏崎小学校
 百石小学校B
 百石小学校I
 木ノ下小学校A

中学校
 百石中学校

 学校対抗方式になって2年目。小学校で17チーム51名という参加数は団体戦の醍醐味を感じられたのではないかと思います。百石小Iチームがあるということは、少なくとも百石小学校だけで9チームは出ていた勘定になります。これだけのチームを編成できるのは全国的にも少ないでしょうね。
 中学校の参加校数が少ないのは残念です。5チームぐらいはほしいところです。一度出れば団体戦の面白さが分かると思うので、来年以降より多くの学校に参加してほしいと思います。
 この大会への参加校数が小中学生への普及のバロメーターになると思います。協力して、より盛り上がるように青森県全体で取り組めることができればいいのではないかと思います。八戸市からの参加がどれだけあったか分かりませんが、来年は八戸や弘前での地区予選があってもいいのではないかと思います。

第18回大館場所将棋大会

日時 平成20年5月18日(日)午前10時開始
会場 八戸市大館公民館
会費 2千円
クラス 衆王戦(無差別、優勝者に北奥羽名人戦・挑戦者決定Tの出場権)
     三段以下戦 (初・二段が優勝の場合は昇段)
     初段位獲得戦
主催 棋衆会
後援 デーリー東北新聞社

県将棋名人戦予選 結果

日時 平成20年5月11日(日) 青森支部道場
参加者数35名

本戦トーナメント決定戦(左側が勝ち)
◎旦代 一男④(青森市) ー 田村 純也④(八戸市)
◎工藤 俊介⑤(青森高2)ー 船橋 隆一④(青森高3)
◎長谷川 裕⑤(弘前市) ー 佐々木潤一⑤(佐々木塾)
◎中川こう生④(長者中2)ー 倉内勇喜夫④(青森市)

本戦トーナメント敗者復活戦
船橋ー佐々木  田村ー倉内
◎田村ー船橋

トーナメント1・2回戦敗者復活戦
◎奈良岡 実⑤(青森市)ー江良 義文④(弘前市)

予選敗退者復活戦
◎三浦 行⑤(弘前市)ー横山 幸男⑤(弘前市)

予選通過者
中川滉生四段(八戸市長者中2年)
工藤俊介五段(青森市青森高校2年)
長谷川裕五段(弘前市)
旦代一男四段(青森市)
田村純也四段(八戸市)
奈良岡実五段(青森市)
三浦  行五段(弘前市)

昨年度優勝
北畠  悟五段(つがる市)

 以上八名で5月18日(日)東奥はちのへホールにて本戦が行われる。

第14回小・中学生将棋選手権 案内

日 時 平成20年5月25日(日) 9:45
会 場 青森支部道場(青森市緑3丁目)
対 象 県内在住の小・中学生
会 費 500円(昼食持参)
クラス ①中学生代表決定戦(優勝者は全国大会出場)
     ②中学生一般の部
     ③小学生高学年の部(優勝者は全国大会出場)
     ④小学生低学年の部(優勝者は全国大会出場)
     ⑤小学生中級の部(2級~6級)
     ⑥小学生初級の部(6級以下初心者)
審判長 青森県将棋連盟 館山繁大会担当監事
申込み 当日会場にて受けつける。
主  催 青森県将棋連盟 東奥日報社
  

第6回こども将棋大会 結果

平成20年5月5日 八戸市長者公民館
参加者33名

上級の部(初段以上)
優勝 川村匠吾初段(三沢市木崎野小2)
二位 奥寺航初段(おいらせ町百石小5)
三位 伊東恒紀初段(八戸市柏崎小2)

中級の部(1-5級)
優勝 原一貴1級(八戸市白山台中1)
二位 石田大和3級(八戸市白山台中1)
三位 西原小太郎3級(八戸市柏崎小2)
四位 池田大地3級(八戸市柏崎小6)
敢闘賞 小路唯太5級(八戸市白山台中1)

初級の部(6級以下)
優勝 東野明信6級(八戸市長者小5)
二位 及川諒6級(八戸市白鴎小4)
三位 奥寺翔6級(おいらせ町百石小3)
四位 河村知泰6級(八戸市根城小3年)
敢闘賞 前田一樹7級(階上町石鉢小3)
      西田祐成7級(八戸市旭ヶ丘小5)

 上級の部は川村匠吾君が優勝しました。先日の南部場所で初段位獲得し、続けてこの大会でも優勝と、またまた注目の選手が現れました。これからどれだけ活躍するのか楽しみです。
 参加校名を見るといろんな学校から参加しているようです。少なからずどの地域にも将棋を指す小学生はいるようなので、そういった生徒たちをきちんとフォローしていくことが大事だなと思いました。そういう意味でこういった級位者対象のクラスも大事なんだと思います。私も顔ぐらいだせば良かったと後悔しています。
 来週は小中学校団体戦がおいらせ町であります。この大会に参加した生徒も参戦するのでしょうか。是非、一生懸命戦ってほしいと思います。

こども将棋教室 案内

開校式
日  時 平成20年5月10日(土) 午後2時
会  場 更上閣(八戸市本徒士町)

教  室 毎週土曜日 午後2時から午後4時
対  象 小・中学生(未就学児も可能)
受講料 上半期(5-9月)分 1500円
申込み 八戸支部普及指導部長坂本久志
     当日の受付も可能です。

 こども教室も2年目を迎えることができました。坂本先生はじめ講師陣も精一杯頑張ってよい教室にしようと努力しております。楽しく気軽に参加できる教室ですので、多くの生徒に参加してもらいたいと思います。

アウガ大会結果

平成20年5月5日(祝) アウガ
参加総数118人

Aクラス(三段以上・27人)
①駒沢 真己4段(三沢第2中1)
②櫻井 飛嘉3段(浦町中1)
③佐々木潤一5段(青森市)
③長谷川 裕5段(弘前市)

Bクラス(初・二段・25人)
①大澤 啓二2段(古川中1)
②木村孝太郎2段(三内西小3)
③伊藤 市夫初段(青森市)
③秋元 洋一1級(弘前市)

Cクラス(無段・32人)
①山本 伊知郎(沖館中1)
②松木 雄太 (弘前3中2)
③品田 至  (青森高2)
③柳谷 有恒 (秋田県大館市)

Dクラス(3級以下初心25人)
①工藤 雄一郎(八戸東中1)
②相坂 智子 (青森市)
③笹田 琢朗 (浜田小4)
③赤城 汐潮 (百石中1)

レディース(無段女性・9人)
①田中 舞美(百石小5)
②敦賀 有海(五所川原中央小5)
③大澤 桃子(古川小4)

県高校竜王戦

平成20年5月4日(祝)

準々決勝(左側が勝ち)
橋畑 真幸(百石2)   ー 加藤 静織(弘前2)
船橋 隆一(青森3)   ー 小谷 敏毅(青森3)
高杉 航平(五所川原2)ー 西館 昭成(百石3)
工藤 俊介(青森2)   ー 藤盛 允章(弘前2)

準決勝
船橋 ー 橋畑
工藤 ー 高杉

決勝
船橋 - 工藤

『敗者戦』
①鎌田 洋彰(弘前3)
②中道 啓志(五所川原2)

南部場所将棋大会

平成20年5月3日(祝) 南部町立中央公民館
参加者 59名

高段者戦 22名
優勝 田村純也四段(八戸市)
二位 飯田巧五段(むつ市)
三位 佐々木潤一五段(青森市)
三位 西田明斗三段(盛岡市)

三段位獲得戦 17名
優勝 西原正徳初段(八戸市) =三段位獲得
二位 相馬連太郎二段(二戸市)
三位 石村靖夫二段(八戸市)
三位 日戸徹二段(三戸町)

初段位獲得戦 20名
優勝 川村匠吾(三沢市木崎野小2) =初段位獲得
二位 大久保貴彦(宮城県大崎市)
三位 川村武夫(階上町)
三位 川村勇二(三沢市)

駒落ち戦(敗者戦)
優勝 斉藤  司四段(八戸市)
二位 伊東恒紀初段(八戸市柏崎小2)
三位 中村正勝初段
三位 中西裕幸3級(むつ市)

 今回、初めて敗者戦として全クラス対象の駒落ち戦を設けてみました。不安もありましたが、概ね好評で良かった思います。手間はそれほどかからないので、他大会でも試していただけたらと思います。

名人戦解説会

「名人戦共催記念」
第66期名人戦第3局大盤解説会参
主催朝日新聞社・毎日新聞社協賛:大和証券グループ
第65期名人・森内俊之VS 挑戦者羽生善治二冠

日時平成20年5月10日(土)午後2時
場所青森県おいらせ町「大山将棋記念館」
参加費一般/500円(ドリンク・菓子付)・抽選会あり
学生/無料(ドリンク付)
※抽選会では、桃川㈱提供の粗品を若干
名の方にプレゼント!!
桃川株式会社ホームページhttp://www.momokawa.co.jp/
お問い合わせ・申込先
大山将棋記念館(電話0178-52-1411)
おいらせ町教育委員会みなくる館事務室
(電話0178-52-3900・FAX0178-50-1022)
メールアドレスminakurukan-1@town.oirase.aomori.jp
大盤解説会協力/日本将棋連盟・青森県将棋連盟・
全国将棋祭り実行委員会・青森おいらせ支部

第32回はちのへ将棋まつり

日時 平成20年6月15日(日) 午前10時開始
会場 八戸シーガルビューホテル(八戸市鮫町小船渡平 0178-33-3636)

内容 【第1部】 午前10時開始 プロアマ混合ペア対局)
          斎田晴子女流四段&窪田武三段 対 中倉宏美女流初段&米田和生四段
          (解説)深浦康市王位 (聞き手)代表幹事会

    【特別対談】 午前11:30開始
          「中原十六世名人 自然流この一手」
           (対談)中原十六世名人、深浦王位、関口六段

    【第2部】午後1:15開始(模範対局)
          中原誠十六世名人 対 深浦康市王位
          (解説)関口六段、斎田女流四段、中倉宏美女流初段

    【第3部】 午後3:30開始 (プロアマ角落ち記念対局および多面指し指導対局)
           中原誠十六世名人 対 田村純也(北奥羽名人)  ・・・角落ち戦
           ※四棋士による指導対局の対局は、当日の抽選で決めます。

    【第4部】 午後5:30開始
           歓迎宴会

会費 10,000円

※午前10時までにご来場頂くと、景品が当たる抽選券を差し上げます。
※当日「八戸シーガルビューホテル」行きのバスは、午前10時八戸市役所前出発です。

主催 日本将棋連盟八戸支部、デーリー東北新聞社
後援 社団法人日本将棋連盟

北東北将棋選手権 結果

平成20年4月29日(祝) みなくる館
参加者 105名

有段A
優勝 工藤俊介五段(青森高校2年)
二位 奈良岡実五段(青森市)
三位 飯田巧五段(むつ市)
三位 船橋隆一四段(青森市)

有段B
優勝 相坂啓太二段(青森市浜田小4年) = 三段位獲得
二位 川村翔平初段(岩手高校1年)
三位 細川浩貴初段(岩手高校3年)
三位 木村孝太郎二段(青森市三内西小3年)

無段
優勝 渡邉久之(岩手高校3年) =初段位獲得
二位 平賀太俊(岩手中2年)
三位 成田恭平(岩手中2年)
三位 小川敦也(岩手中2年)

小学生
松坂和真(おいらせ町百石小5年)
田中舞美(おいらせ町百石小5年)
吉田葵(青森市浪館小6年)
工藤麟太郎(青森市光保育園)

 有段Bでは相坂君が三段位を獲得しました。おめでとうございます。今大会は岩手高校の面々も参加して、より厳しい大会ではなかったかと思います。その中で、木村孝太郎君に先じての三段位獲得は素晴らしいと思います。二人とも段位戦を通過するのは時間の問題かと思いますが、こういう鎬を削る戦いが二人をより強くしてくれると思います。
 無段の部は岩手中・高が上位独占しました。これからも将棋部の充実振りがうかがえます。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »