無料ブログはココログ

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

支部名人戦結果

掲示板から引用

参加者21名

1組
田村 峻大1級(青森支部)●●
中川 慧梧五段(個人会員)○
嘉瀬 松雄五段(青森支部)○
工藤 佳織二段(青森支部)●○
2組
飯田  巧五段(個人会員)●○
倉内勇喜夫四段(青森支部)○
柳谷 翔太五段(青森支部)●●
横山 幸男五段(個人会員)○
3組
大平 清文四段(青森支部)●●
海老名 寛四段(浪岡支部)○
千葉 俊定三段(青森支部)○
旦代 一男四段(青森支部)●○
4組
三上 勝行四段(南黒支部)●○
奈良岡 実五段(青森支部)○
高杉 航平三段(五所川原)-●
5組
北畠  悟五段(五所川原)○
佐々木潤一五段(青森支部)●●
船橋 隆一四段(青森支部)-○
6組
田村 純也四段(個人会員)○
川越 秀人三段(五所川原)●○●
工藤 俊介四段(青森支部)-●○

左が勝ち

1回戦
シード 海老名寛四段(浪岡支部)
千葉俊定三段(青森支部)-中川慧梧五段(個人会員)
倉内勇喜夫四段(青森支部)-船橋隆一四段(青森支部)
飯田巧五段(個人会員)-三上勝行四段(南黒支部)
北畠悟五段(五所川原)-旦代一男四段(青森支部)
工藤佳織二段(青森支部)-横山幸男五段(個人会員)
田村純也四段(個人会員)-奈良岡実五段(青森支部)
工藤俊介四段(青森支部)-嘉瀬松雄五段(青森支部)

準々決勝

海老名ー千葉
飯田ー倉内
北畠ー佳織
田村ー俊介

準決勝

飯田ー海老名
田村ー北畠

決勝
田村ー飯田

田村さんが、湊・階上に続いて3大会連続優勝を果たしました。おめでとうございます。東日本大会でも頑張ってください。それにしても、1回戦は波乱でしたね。全ての対戦結果が逆でも全く違和感がありません。佳織ちゃんが横山さんに、千葉さんが慧梧君に勝利。この瞬間、この日一番の盛り上がりを見せたのではないでしょうか。横山さん・慧梧君にとっては、遠路遙々にも関わらず敗退という結果は残念だと思いますが、もっと遠くから駆けつけて予選二連敗の人がいることを思い出せば多少は救われるでしょう。
 最後に、決勝の名前と結果を見て、ホッとしてしまうのはなぜでしょう。番組の最後に水戸黄門の印籠を見るような、お決まりの締めが決まったようで、安堵感を感じてしまいました。
 

階上場所将棋大会

48名参加

有段時間差戦(二段以上)
①田村純也四段(八戸市)
②杉澤邦広三段(階上町)
③中川慧梧五段(八戸市)

二段位獲得戦
①佐々木眞一初段(盛岡市)
②槙史仁初段(三沢市)
③釼吉尚貴初段(南部町)

級位者戦
①金崎暁(八戸市)
②吉田昭二(階上町)
③鈴木鉄男(八戸市)

棋譜掲載

試験的に棋譜掲載して見ます。「test.html」をダウンロード

県小学生名人戦結果

掲示板より引用
参加者45人
代表決定戦(6人リーグ)
①中川 こう生(八戸市長者小5) 東日本大会へ
②阿部 光瑠(弘前市桔梗野小5)
③大澤 啓二(青森市古川小4)

阿部君で鉄板かと思ってましたが、滉生君が2年連続出場を決めました。研修会に毎回一人で参加しているだけに、意地を見せたといったところでしょうか。東日本大会でも頑張ってほしいものです。ちなみに、阿部君は昨年のこの大会にはC級で参加し優勝しています。1年で小学生のみならず、県内一般大会でもトップクラスに上り詰めています。今回は残念な結果になりましたが、今後の大会での活躍を期待したいと思います。

上級の部(7人リーグ)
①成田 豊文(青森市千刈小6)
②工藤 佳織(青森市長島小6)
③天内 薪 (五所川原市栄小6)
中級の部(8人リーグ)
①高嶋 悠太(青森市佃小3)
②駒木 颯平(青森市浪打小2)
③櫻井 飛嘉(青森市堤小4)
初級の部(24人参加・4人予選リーグ後トーナメント)
①木村 孝太郎(青森市源内幼稚園年長)


湊場所 結果

北奥羽王将戦(19名参加)
(左側勝者)
0回戦
佐藤敏樹 - 杉澤邦広
中川慧梧 - 豊川直人

1回戦
佐藤敏樹 - 矢田均
松本徳吉 - 成田貴幸
柳谷翔太 - 三浦仁志
田村純也 - 中川慧梧

準決勝
佐藤敏樹 - 松本徳吉
田村純也 - 柳谷翔太

決勝
田村純也 - 佐藤敏樹

三段位獲得戦(19名参加)

0回戦
馬場  明 - 駒沢真己
小原洋一 - 平沼竹蔵

1回戦
馬場  明 - 日戸徹
久慈将蔵 - 石村靖夫
谷   悟  - 剣吉尚貴
小原洋一 - 橋畑真幸

準決勝
馬場明 - 久慈将蔵
谷  悟 - 小原洋一

決勝
谷 悟 - 馬場明

初段位獲得戦(12名参加)

1回戦
類家幸久 - 大久保貴彦
金崎 航  - 相馬正輝

準決勝
類家幸久 - 根城良男
三浦政志 - 金崎航

決勝
類家幸久 - 三浦政志

「毎日杯」 案内

掲示板より引用
主  催   県将棋連盟 毎日新聞社青森支局
日  時   3月26日(日) 10:00開始
会  場   青森支部道場
参加費   一般   2000円
       中・高校 1500円
       女性・小学1000円
参加資格  県内在住もしくは出身のアマ
申し込み  当日9:30より会場で受け付け
賞     優勝・準優勝・3位(二名)まで入賞
審判長  大会運営幹事 藤林 明
問い合わせ 017-775-7744
      県将棋連盟奈良岡まで


支部対抗戦結果

 掲示板より引用

準決勝
    津軽支部A  ○ー● 五所川原支部A
先鋒 松田尚之二段 ー  北畠光永初段
副将 鈴木勝男三段 ー  高杉航平三段
大将 駒田常明三段 ー  川越秀人三段

    青森支部A  ●ー○ 五所川原B
先鋒 野月純美三段●ー○ 荒関修一三段
副将 千葉俊定三段○ー● 小田桐弘雅三段
大将 桧川幸宏二段●ー○ 天内知二三段

決勝戦
      津軽支部  ●ー○ 五所川原支部
先鋒 松田 尚之二段○ー●荒関 修一三段
副将 鈴木 勝男三段●ー☆小田桐弘雅三段
大将 駒田 常明三段●ー○天内 知二三段


 なんと小田桐さん率いる?五所川原支部が優勝し東日本大会に進むことになりました!
とうとうこの日がやってきました。小田桐さんがいよいよ全国デビューします。どれほどの武勇伝を残すのか今から期待と不安が入り混じった複雑な心境です。最近大スランプだったようですが、少しは持ち直したのでしょうか。全国大会に向けてピークを上げていってほしいものです。頑張ってください!!

小田桐杯 順位戦

いよいよ始まりました。


「リーグ表」

学生大会 案内

掲示板より引用

日時:3月4日(土)9時30分集合
場所:岩手県盛岡市上田 上田公民館(NHKの隣) 第一、二和室
参加資格:東北地区在住の学生(3月に卒業式を迎える方でも大丈夫です。)
試合方式:4人1組、2勝通過2敗失格の予選リーグ後、通過者トーナメント(Aトーナメント)、失格者トーナメント(Bトーナメント)を実施。Aトーナメントは4位まで、Bトーナメントは2位まで賞品を用意しています。
持ち時間:予選リーグは10分切れたら30秒の秒読み、トーナメントは参加者の人数によります。
参加費:500円(昼食は各自用意)
申し込み、問い合わせ方法:電話、FAX、メール、「てきとうに」の掲示板への書き込みのいずれかで、2月20日(月)までにお願いします。
電話番号・・・080ー3194-6951(柳谷)
FAX・・・019-662-6278(柳谷)
メール・・・この投稿にあたり、はっておきました。僕のメールアドレスです。
掲示板・・・http://8907.teacup.com/haru/bbs こちらへジャンプし、投稿願います。

シニア名人戦,県女流名人戦結果

掲示板より引用

シニア名人戦(参加者11名・スイス式4回戦トーナメント)

優勝 三浦 恒男 四段(青森市、青森支部) 2年連続3度目
            …シニア名人戦東日本大会・ねんりんピック代表
2位 宮崎 忠雄 六段(弘前市、津軽支部)
            …ねんりんピック代表
3位 清川 仁志 四段(八戸市、八戸うみねこ支部)
            …ねんりんピック代表


県女流名人戦(参加者3名・2回戦総当りリーグ戦)

優勝 工藤 佳織 二段(青森市、長島小6) 4-0 初優勝
2位 相馬 美咲 三段(青森市、八高専2) 2-2
3位 加藤 静織 1級(青森市、弘大附中2)0-4

第35回県将棋支部名人戦

日 時 2月26日(日) 午前9時30分受付 10時開始
会 場 青森支部道場(青森市緑3丁目)
参加料 2000円(昼食付)
参加資格 日本将棋連盟の支部会員であること
競技方法 予選リーグと決勝トーナメントを行い、優勝者は
       4月22・23日に東京都で開かれる東日本大会
       に県代表として出場できる
審判長 青森県将棋連盟 大会担当幹事 藤林明
申込み 当日、会場にて受付
問合せ 青森県将棋連盟(017-775-7744)
主 催  青森県将棋連盟、東奥日報社
 

六県大会の運営

 山形県の応援サイトにコメントが載っているが、今年の六県大会は、記念大会ということもあり5人制で行われる。例年以上に盛り上がるだろうし、私自身も大変楽しみにしている。ただ、一斉に15対局が行われるので、、単純に記録係りだけでも15人は必要で、その他サポートする要員も含めて30名以上の人員が必要だろう。考えるだけでも取り仕切るのは難しそうだし、準備も綿密に行う必要があると思う。逆にやりがいはあると思うし、青森県将棋界の違う意味での力が試される場面だと思う。昨年の岩手県大会を垣間見ることしか出来なかったが、整然と運営がなされていたと思う。今年の六県大会も皆さんに満足いただける大会であってほしいし、私も微力ながらお手伝いできればと思う。

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »